針の無い時計

これ、いつごろのものですか?

そうだね、昭和一けただね。。

そう、年配の店主は今日、教えてくれた。

いつだったか信州のあるアンティークショップで振り子時計の中身だけ、歯車の部位だけが店先に出されていた。真鍮の色がややくすみ程よい味がでできた歯車の集合体だった。      ふと、それを手にしたらなんとわずかながら動き出したのだ。。             なんでもスチームパンク愛好家がこれをバラバラにしてアートするのに使うためのもらしい。するとこれはやがてバラバラにされてしまうものなのか。。なんとカナシイ。     彼のメッセージを私は受け止めるしかないように思えた。

単なる物に過ぎない彼は私に、助けてくれ、生きているよ!と言わんばかりに最後の力を振り伝えたのだ。人間で言えば肉もない顔もない、骨身だけの無残な姿だ。。      思わず購入してしまった。 1100円だったけど、1000円にまけてくれた。        いつか君を動くようにしてあげたい、そう思ってしばらく引出しの中にしまったままだった。

新町にある古い時計店に先週足を運んだ。別にその時計店にいくつもりではなく別用でそちらに行ったのだが、ふとその店の前を通ることとなった。              あっ、ここあの時計店の通りだ、以前はなんにもないただの廃れたお店のように思えたのに先週は、無性にその店に寄りたくなったのだ。                           すみません~、言うもまもなく店からいかにも時計店の店主といたおじいさんと思しき方が紺色の毛糸の帽子をかぶってゆっくりと出てきた、。、いらっしゃい。。。そう、店主はいうとシニアグラス越しにこちらをいぶかしそうにながめた。

すみません~、振り子時計のゼンマイをまくあのねじ回しありますか?          あるよ。そう店主は言って手元にあるくすんだ箱の中からいくつかを指差しながら、三種類あってね、穴の大きさが違うんだよ、どれだい?と。。

と、聞かれても私にはとんとわからない話で、店主いわく普通サイズというものを購入することになった。はい、そうだね1000円もらっとくかね、そう店主は行った。    私の心の半分にもしかしたら無料でくれるのでないかと勝手思ったのなんとも厚かましいことだ。                                     そう思ったのはその店はホコリだらけの商品と色あせた広告と山積みになったパーツやらなんやらの箱があり、いかにも誰も来ていませんと思われるようなお店だったからだ。

ありがとうございますと1000円を渡し、もしかして合わなかったら取り替えてやるよという優しい言葉をいただきその店を後にした。

その時計店は、今から3年程前だろうか、Barのマスターから聞いた時計店でマスターが書いてくれた住所と店名の紙切れをしばらく財布の中に入れしわしわになるまで放置しておいたそんなひょんな話のついでに出てきたそんな淡いつながりの店で、何も昔から故意にしているような店でもなかったし、特にアンティークに詳しいとか、最近巷で人気だとかそんな流行の店ではなく、シャッター街の片隅に佇むようなそんな店だった。ただ、商品がどうかではなく、ベテランの店主であろうことは確かそうだった。

それから一週間たち、蒲団に入り枕を後頭部に受けるたびに剥き出しの歯車の時計のことが気になっていた。そして、今日、いても経ってもいられないような心持でおじいさんにあいにいったのだった。 それは、もしかしたら振り子もあるのではないかと思ったからだ。

こんにちは。というと

店主は例のごとく出てきた。 いらっしゃい。。

あの、先日、これを(ねじ回し)購入したものです。それで、もしかしてこちらに振り子時計の振り子だけってありませんか?

そういうと店主は、軽く言ってくれた。 あるよっ、昔はね振り子だけでも売っていたんだよ。と。

なんて頼もしいのだろうか、オークションやらなんやらで目くじら立てて探さなくたって地元のお店にあるじゃないの!

今回は、私が購入したその歯車だけを持参していったのでそれに合いそうな振り子を探してくれた。生憎予備のものはなかったが床に置いてある古い時計から振り子とそれを支える針金とバネを取り外してくれた。 そのままでは合わないようで時計店らしく、先の細いペンチのようなものでバネと針金を取り替えて新調してくれたのだ。         それと私は勘違いしていたけど正しい取り付け方法も教えてくれた。          工賃と部品代含めて。。。そうだね、500円もらっとくかね。と嬉しい取引だった。       500円だまを財布から取り出し、店主が受け取るとその500円だまをどこかに箱の中にチャリンと無造作に店主は投げ入れていた。

ありがとうございます! それは私が言った言葉だ。こちらがお客と言えばお客だが500円以上の価値ある瞬間をいただいたのでその言葉は当然私の口から大きい声となったのだった。                                   私のために部品を取り出されてしまったかわいそうな振り子時計にもありがとうを言ってその店を出た。

そそくさと帰って、帰路途中に豆で買った珈琲をひいてそれを飲みながら、店主のいうようにその部品を取り付けたのが冒頭の写真だ。至福のひと時であった。。。

時計の歯車本体はそのまま壁にねじ止めした。時計の中に歯車があるのではなく、家の壁に歯車がある状態だ、こうなると家全体が時計の一部ということになるだろうか。         ネジを回して振り子を動かす。。 動いた!                      でも、しばらくすると振り子は止まってしまう。。。でも歯車が丸出しなので構造がよくわかる、カチカチいう部分にミシン油をあてがい、もう一度ネジを回し、振り子を振ると今度は止まらず動き出した。。動いた!動いた! 針もないけどとにかく振り子で時を刻んでいる。 しばらくするとあて金のない行きどころなくなったハンマーも動き出す、    おおそそ30分に1回、60分に数回ハンマーが動く、。本来ならここでボーン、ボーンとあの音がするハズだけど、その音を発する装置もない。

でも、いいのありがとう、うごいてくれて、ありがとう。                   今日、何十年ぶり?かでカチカチとその刻み音を復活させることができた喜びは一入だ。        その音を聞いているとなぜか本を読む眼がいつもより早く進む、そして、子供の頃に行った医者の診察室や、どこかだかわからない懐かしい場所を思わせる不思議な気持ちだ。  こうやって、パソコンのキーを打っている頭の上で彼は今も時を刻んでいるのだ。          歯車を包み込む箱もなければ、時を示す針もない、でも生きている、しっかりと主張している振り子と音だけの時計、それでもとても、いとおしいのです。

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

素適!

フィギア エキシビジョン。

素晴らしかった。試合だとみている方も緊張してしまってミスしたときなどテレビの前で思わず あっと声が出てしまう。。正直 ハラハラして苦しい。。

でも、エキシビジョンはいい。選手も笑顔で楽しく演技している。見てて幸せな気分になるの。最後には各国の選手が皆で演技。。。なんて素晴らしいのだろう。       他のスポーツと違って、違う国の選手同士が同じ場所、同じ時間を共有するなどないと思うけど、なんとも綺麗な絵なのだ。思わず目がうるうるしてくる。。

と、それはそれで、急に話は変わって、昨今、車にお金を出すのをどうも考えてしまう。。。なんというか特に旧車についてはどうだろう。。うん、、あまりここで言えたものではないけど、私はどうも得をしない性質みたいなのでどうも興ざめしてしまうことが最近は多い。。。

それでも心をとき動かす1台とどこかでめぐりあえたらいいな~と思っているけど、それもまるで恋人を探すみたいな感覚でいつか素適な出会いがあるだろう、などど思っているのでいつまでたっても状況が変わらない昨今であります。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ゴーギャン タヒチの楽園を観る

前日、テレビで0.1秒、横目でその映画のCMをみた。

よくわからないが、衝動的に本日映画館へ向かう。9:50分の開演で予想どうり人はまばら、 この映画の関係者には申し訳ないが、このような映画はこれでよろしい。人で混んでいるような映画はわざわざみたくない。

盛り上がりがないという前評判であるが、それもよろしい。ハリウッド映画のようでは困るのだから。

ゆっくり、まるで星空を眺めるようにのんびりとスクリーンと向き合うことができた。 それで良い。活字を読むように観る。それが望みだったからこれでいい。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

緑茶ってスゴイ

昨日、図書館に行って藤田嗣治の画集を見てきた。

今更だが氏の随筆 腕(ブラ)一本 を読んでいるからだ。

なんだかフランスかぶれしていきそうな気がする。。

ま、それはそれとて。。。。

今朝になって咽喉が痛い。。。

明らかに図書館に行ったせいだ。。マスクはしていたけどそれに及ばず。。

今朝、朝食を済ましてからその本を読んでいると、急に緑茶が飲みたくなった。

体が欲しているのだと感じた。

実は、ちょっと前から緑茶にハマっている。

それは、ある店で本物?の玉露を飲んでからだ。

1杯目はあきらかに今まで飲んだ緑茶とは違う、うまみが凝縮した何か別の

飲み物のように思えた。

2、3杯目は自分で湯さましにお湯をいれてから自分でお湯を注ぐ、

至らない自分のためか2杯目以降はいつもの緑茶だったがこの後がスゴイ。

最後は酢味噌にあえて葉まで食べてしまう。

なんて素晴らしいのだ! 紅茶にしろコーヒーにしろ最後は食べて綺麗さっぱり

ゴミが出ないなんてこんな素晴らしいお茶はないのではなかろうか。。。。

で、今朝は普通の煎茶。。。

午前中の柔らかな日差しを斜めから浴びて茶器から注がれる緑とほのかに

あがる湯気をまるでなにか絵画のように見つめていた。

至福のひと時であった。

ふと、思った。。。。何が素適だったのか。

この季節周りは立ち枯れた葉や木々で茶色ないしは灰色につつまれている。

なのに、緑茶は、緑色! 葉っぱは皆、役目を果たして親元を離れれば

茶色く枯れてしまうのに緑茶はお茶筒の中でしっかり緑を保っている。

なんと不思議なことなのだろう。改めて考えたらもスゴイことだと感心してしまった。

なんでもクロロフィルとかいう成分がその緑の元のようだけど、そんな理屈よりも

なによりも葉が摘まれて、きざまれて、尚も緑色とはなんとスゴイことだ。

こんな不思議な現象になんで今まで気が付かなかったのだろう。もったいない。

当たり前のことなのに何かスゴイ発見を人知れず見つけたようで。。。。

あ~冬だからこそこの素晴らしさが余計に身に染みたのかな。

あれ? そういえば気持ち、喉の痛みも和らいだような。。。。。。

気のせいでもうれしい。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

袖ふり合わない縁

田舎は狭い道が多い。多くは農免道路だったり、市街では今でも昔ながらの道がある。

電柱なども道路の脇にニョキッと生えていることもある。

そんな道は交互通行ができないので譲り合う。。。

止まってくれた対向車の人の顔が見える程度だと片手をあげてみたりするが、

夜や先方がこちらを見ていない場合は、ププっと軽くクラクションを鳴らす。

相手も同じことをする。。。

と、これがオジサンの今までの常識だったのだけれども最近は、そのようなことを

する人が少なくなった。。。

そうゆうのって危ないとかあって、やめましょうってなったのかな??

と、愚痴をこぼしていたら、ふと思い出した。

30年前くらい前? バイクを乗っていると道行く先々でバイカー同士で

ピースサイン(正確にはピースではなく、2本指をくっつけてだけど。。)

るという行事??が頻繁に行われていたな。

そう、できる限り全部の車両にだ!

中には峠のカーブで結構なスピードを出しているのに曲がりながら片手をあげて

ピースしている。

う、ちょっとカッコイイ!、その時はそう思った。そのしぐさもそうだし見知らぬ

人間同士がそんな挨拶をするのがバイク乗り同士の結束みたいなものに思え素適

だったのだ。 でも、そのブームはいつの間にか消滅した。

自分自身でも何度も何度も同じことをしているとできないときもあるし、

それ以上に面倒が先にくることが多くなった。

ブームとは不思議なものだ、自分もそう思ったくらいだから他の人もそう思った

のだろう。。

今は、私の知る限りの近辺ではそのようなことをする人を見たことがない。

第一、アブナイ! というのがまずあるのだろう。

そんなことから昨今の車事情でもアブナイが先にきていてもしかして教習所

などでもそのようなことはやめましょう!なんて教育されているのかも?

ありがとう!の気持ちでこちらはププっとしたりしていても、もしかしたら相手は

なんだうるさい奴とか、アブナイ人だな!なんて批難されているのかも知れない。

あ~、もし、そうならいやな世の中だと感じてしまう私はもやは時代に乗り遅れた

過去の人か。。。

どうなのでしょう。

最近の世間の事情だとそんなつまらないことも考えざるを得ない。。。。

 

 

中には峠のカーブを結構なスピードで

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

あのとき買っておけば

10年くらい前だろうか?いや、もっと前かな、

某車買い取り専門店に黒のロータスヨーロッパが置いてあった。

ちょっと気になって近くにいたお兄さんに聞いたら150万円です。

といっていた。多分S2だった思うけど真っ黒塗装の車体だったけど綺麗だったな。

時は、リーマンショックの頃だったのかな? そういう背景があったと思う。

それだけでなく、いいな~と思うことはあっても購入するに至らずにいることが多い、

そう、優柔不断なのだ。なのでいいな~とは思いながら購入するには至らず

思いだけが先行しているだけ、、、もちろんお金の問題もあっただろう。

そうやってグズグズしているといつの間にか値段が上がってもう、そんな

金額ではとても購入することができない情勢になってきている。

あれも、これも、なんか騒がしい感じだ。 明るいような気もするし、なんだか

心臓がドキドキするようであまり健康的でない気持ちにかられる。。。

そんな小さなことを吹き飛ばすことができるような情熱にときうごかされる

自分を今は待っているのだ。

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ウナギは鰻屋で食べよう。

これ、以前も書いたな。

でも、ホントに思う。うなぎは鰻屋さんで食べよう!

というのも今日、帰宅途中、車のラジオでウナギが相変わらず絶滅の危機状態であると。いや、もっと深刻なのでは。。。なんやらかんやら言ってました。日本の文化をこれからも守るべきだと。。

そう、良く聞いてなかったらわからないけど、思うのだ。絶滅の危機であるとなっても相変わらずスーパーなど売っている。某牛丼屋でセット販売したり。。。。これが人間の実態なのだ(自分も含みです)。知っていても目先の利益のためにそれが尽きるまで行進する。 毎年、毎年多くの種類の生物が実際に絶滅しているのも知りながら。。。

私、思うのです。全世界、いや宇宙で??生命体の数は決まっているのではないかと? 何かが絶滅している分、人間の数は増えている。。私が中学時代勉強した教科書には世界の人口40億人だったと記憶しているが、今は73億人(2015年で)らしい。つまり40年間で33億の何かがどこかで絶滅しているのではないかと?いや、細胞の数ですれば他の生物換算ならもっとかも知れないな。そして人間が多くなりなりすぎれば当然、人間が食べる食べ物はいずれなくなる。。

なんて。。。話が大きすぎたか。。。

ともかく、ウナギは鰻屋で! うなぎもフグみたいに専門の免許がなければさばけないようにしたらいいのとさえ思う。(もちろん鰻屋さんだけ!) 日本という国でそれを作り、そういう資格をもった人が作ったものでなければ世界中で鰻と称してはいけないと。 どこのだれが焼いたかさばいたかわからない外国産のウナギがスーパーで並んで、こっちの方が国産より安いからと買うのもおかしい。 うなぎにしてみれば外国産でも国産でも同じ命に等しいのに。

ウナギを食べるなら、お高くても、ちゃんと鰻屋で食べるようにしたい。 1年に一回、それを楽しみにしてみたい。そのために貯金してがんばろうくらいでもいい。

私は うなぎのかば焼きが大好きだから。

これからも、後世にも、そして外国人にも日本の鰻屋さんのかば焼きを

これからもずっと、食べたいし、食べて欲しい。

 

じゃん~ 車と全然関係なくてすみません~

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

旧車にはロマンがある。

ビールをのみ、信州で買ってきた日本酒をたしなみながら至福の時間を過ごしていると、ふと、思い出した。。。

カルマンにスピーカーをつけようとラジオを外してたら琥珀に焼けた数センチ大の紙切れがひらりと落ちた。英語で書かれていたと思う。。。

何が書いてるのか覚えていないし、不覚にもその紙切れはどこかに行ってしまった。            ドイツ語ではなかったと思う。 私が乗っていたカルマンはアメリカから持ち込まれたものだと購入前のショップが言っていたと購入先の主人が言っていた。        (私はカルマン探しに友人まで巻き込み、東京、神奈川まで探しにいっても気に入ったカルマンが見つからず、あるとき、私が栃木まで見に行ってみたカルマンが気に入ったのでその店のことを地元のショップの主人に話をしたらお店同士友達だったらしく、栃木の主人が群馬まで陸送してきてくれたものだ―栃木の有名な空冷VWお店ね。)        英語で書かれていたということは、アメリカのオーナー、もしくはショップの人がなんらかの理由でそこに挟み込んだものか?あるいはラジオに貼ってあったものか?       まるで硫酸におかされたみたいな色の紙切れにひどくロマンを感じて、しばらくカルマンのプラモの下において置いておいたらいつの間にか紛失。。おそらく掃除機で吸い込んでしまったのだろう。。。幾人かのオーナーを経て私のところへきたカルマン、そしてまたどこかへ旅立っていったカルマン。いまはどうしているのだろうか? 別れた(自分から捨てた?)彼女の行く末が少し気になったりもする。。 大切にしてもらっているだろうか?事故にあっていないだろうか?ヘンテコな改造をされたりしていないだろうか?さんざんボロにしておいていい気なものだが、旧車、とくに外国で使われていたと思われるものは余計に灌漑深いものを感じている。。もしかしたらまたアメリカ、はたまた生まれ故郷ドイツに行くなんてことも?? 角テールとかじゃないからっていまさらテキトウに扱われたりはしないだろうと思いをはせている。。。。もし、これからのオーナーがこのブログを見て現在の状況を知らせてくれたりなんてこともなきにしも非ずと思ったりもする。。。少しお酒がまわったかな。。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

やられた。。。でも、実は助かったのかも?

昨年の春は、いつものこごみスポットが、鹿(たぶん)にやられ一本も採ることができなかった。今年、まだ春は来てないけど、セリはイケるハズといつもの場所にいったら、なんと全部なくなっていた。人ではない何者かに食べられてしまったのであった!ガーン。

鹿?猪?。。なんかほじくった感じがあるので猪かと思ったけど猪は、セリなんて食べないだろう?? 冬眠から覚めた熊が真っ先に山菜を食べるそうですがもう冬眠から覚めちゃったのかな? あたりはまだ雪があって冬~って感じなのに。。。        でも、この時期にこのスポットに来たことはなかったから春になったらまた頑張って生えてきてくれるのかな? もし、冬眠開けの熊の仕業だったらいいけど、他の動物だとなんか許せない気持ちになるのはなぜだろう?  で、もし熊が食べたのだとしたら。。。。。

食べられてしまったセリスポットをみて愕然としてなんて日だ!最悪だ!と思ったけど、もしかしたらこうやってなんともなくいることは、実はとてもラッキーだったのかも?   状況によってどう思うか感じるか、こんなにも違うとはなんとも勝手な生きものだな。   と、いうことで勝手に熊が食べたと決定!その方が幸せになれるので。

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

あけましておめでとうございます。

今日は1月29日です。まだ1月です。ものすごく、おおざっぱにはお正月じゃないか。と、いうことでご挨拶。。。って。

先ほど日々さに自分のこのブログを読み返してみたらなんとま~カルマン1台のみで通勤に使い、明日の故障を未然に防ごうとウイークデイであろうとも雪であろうとも雨であろうとも色んなことに頑張っていたなと感心した。うん、頑張ったな。          最近は、めっきりだ。。。うん、これは出会いがないに他ならない。なんども同じことを書いているような気はがするが、お店とのお付き合い、そういったものが自分を掻き立てていたのかも知れないと思う。 何かあって、そのことをこのブログに書く、後日お店に行くと観たよ~、なんかやってるね~とかぽつぽつ話にあがることあった、そんな小さないことだったけどなにかしら励みになっていたのかも知れない。マニアックな会話、日常の中で交わせられる単語ではない言葉がいくつか交わされ、それが楽しくまた気分転換になっていたのだろう。 旧車を所有すること。その醍醐味の一つにそういったお店での話とか大した話もしないけれど、常連さん達がいたりすると、なんか嬉しかったりする。自分自身は、あまり社交的な人間ではなく、決してとけこめていない、話の中には入れてない、でも、それでも、そういった雰囲気の中に自分がいる時間、そういったことが古い車を所有することの楽しさだったと今になるとそう思う。                そう、大切なのはお店。自分が欲しいと思った車の専門店、もしくはそれが得意な整備屋さんが家の近くにあったなら、それはなんて恵まれた環境だろうナ。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント