ルノー4考察② 乗ってみなきゃわからんかったこと 自動ドアじゃん??

キャトルがキャトルであるゆえん、それはフランス車であること。後半はいくつもの国で作られていたようだけど、基本、フランス車である。                   むか~し聞いた話ではフランスは石畳みの道路が多いのでボコボコな路面が多く、それに対応したサスペンションの合わせ込みになっているとか?、 うん、2CVとかまさにそうなのかな~、で、キャトルもそんな感じを思わせた。                 フロントサス機構は、ダブルウイッシュボーンなのね。それでもってフロントのサスはスプリングではなく、運転席下にまで縦にとても長~いトーションバーが設置してあるというとても独特な機構、うん、なかなか心をくすぐるギミックなのだね。後輪のサスの件は色んなところで掲載されているので省きますが、 ま、なんて言うのか、ここだけは譲らないという拘り、頑固さがきちんとあるところがとても好ましい。

細いタイヤもいいね。時代を先取りですよ

実際に乗ってみてもそうだった。 昨今の峠道などはわざとボコボコにしてライダーが走りにくくしている道があるけれど、そういった細かな凹凸はポコポコとこぎみよい音を立ててタイヤが上下に頑張ってくれていてタイヤのムチムチしたゴムの音が聞こえてくるくらいだった。わざと、ボコボコした道を通りたくなるようなそんな、衝動に駆られてしまう。。

そしてあれ?と思ったのがドアね。このことはあまり世間では書かれていないけど?

このドアね、少し斜めに設置してあるの。。蝶番が、というのではなくボディーが下部から上部に渡って少し細くシェイプしてあるのでドアを開けるときは軽いハズなのにやや重みを感じ、そして車から降りた後はただ手を放すだけでドアは勝手に閉まってくれるのだ。これは意図して作ったのだろうか?なかなか独特な機構だと思った。        つまりキャトルのドアはだらしなく開けっ放しにできないのだ。           これを知らない人がキャトルに同乗して降りるとき、無用にドアを力で閉めようとするから必要以上にバタン!!と大きな恥ずかしい音を立ててしまう。           キャトルから降りたらドアには力を入れず、そっと手を放せばいいだけなのだ。なんて大人な機構なのだろうか? 半ドアになることもなく、きちっと閉まってくれるもエライ。

一方で、車内を掃除しようとか思うときは、つっかえ棒をしないとドアは開けっ放しにならないのでちょいと面倒だと思うけれども。。。

ほら、ボデイーの下部より上部の方が細いでしょ、これ、車として普通だけど、ドアをその角度で設置してあるようで、だからドアの重みで勝手に閉まるのヨ。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ルノー4考察① どうしてなの?

ルノーキャトルとかカトルとかカトレールとか色々こだわりの呼び方があるみたいだけど、ここではキャトルとしておこう。

さて、このキャトル、正直言ってカッコは良くない。ブサイクです。(ごめんなさい!個人的な感想です)一時期テレビドラマで主人公が乗っていて人気が出たというが、そのことは私は知らない。 スズキのラパンが似ているというこで、まるっきりそっくりなフェイスにモデファイされた軽自動車も登場するくらい。カワイイ?という表現をする女子がいたようだが?今はどうだろうか・・。私は、キャトル自体は、そういう路線にものらない独特な外見と思う、私のイメージでは車というより馬車に近い外観だ。また、今のブログ等で紹介されているものはほとんどが故障がつきものというものばかり、カッコも良くない、故障も多そうときたら、そりゃ、遠慮してしまうだろう。しかし、しかしだ、キャトルは、世界中で相当な量が作られている。wikiによるとT型フォード、VWワーゲンビートルに次ぐ世界3位の(同一車両としては)生産量らしい。そんなに沢山作られて、いくらルノーと言えども小さなところでは改善を繰り返してきたハズで完成度は熟成してきていたと思うのだが??  おそらく、日本車が優秀すぎてそれと比べてしまうと日本では故障が多いとなってしまうのかな?                           あとは、普通すぎる故、その特徴がただ、単に外見だけのイメージでちょっと気持ちがUPしないのかも。

さて、今はこれくらいで次は実際乗ってみたときに感じたことを追加しておこう。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ミュージックカセットテープ

2年前くらいからカセットテープが若者の間でカッコイイ?と言われているらしい。            CD、MP3、などの音楽媒体しか知らない世代にはとても新鮮らしい。                  最近では、わざわざ音源をカセットテープで起こすミュージシャンもいるみたい。

う~ん、そうなのかね。                                    でも、私の世代にはちょっと違う。そう、リアルタイムだったから。。                 ラジオのトーク番組の合間に流れる曲に耳を凝らし、ここぞとばかりカセットデッキの録音ボタンをONにする、そして曲が終わりそうになるとうまいタイミングでフェードアウトする、やもすると、突然トークに切り替わり声が入ってしまい、思わず ”あっ”と息が漏れてしまうときもあった。 はたまた、友達がレコードを買ったならば、当たり前のようにダビング(コピーとかいう言葉は使わなかった!)をお願いする。 レコードがなければ友達の友達が録音したテープをさらに録音して、しまいには雑な音源の宝庫と化す。 それでも、それでも、お気に入りの音楽を手に入れたならば何度も何度も聞き繰り返す. そう、それで楽しかったのだ。                           そんなカセットテープ事情の中で燦然と輝くとっても贅沢なカセットがあった。     そうです、ミュージックテープです。レコードからの録音でもない、ダビングでもない、正真正銘の音楽テープ。 もし、お金があればレコードを買ってそれからテープにダビングするのが通例。 音源がはじめから録音されたミュージックテープを買うのはなんらかの事情をもった気稀なユーザーしかいない。 そう、それ自体が珍しいことなのだ。

そんななか、私も唯一、ミュージックカセットテープをおこずかいをはたいて買った記憶がある、そう、我が家にはレコードプレーヤーがなかったのだ、今となっては何を買ったのかすら覚えていないが青いラベルが貼ってあった、白いカセットテープの記憶だけが雄今もなお記憶に残っているばかり。。。

たまたまカセットデッキを入手することができたことから、中古のカセットテープ探しをすることになった。 探してみると近所にも中古レコードショップがあってそのオシャレな店内の片隅にカセットテープもちゃんと陳列されてあった。               その中で一番やすい、ボサノバのテープを800円で購入。さっそく聞いてみた。    お、お、お~、なんか懐かしい、懐かしいとともにあの頃の記憶がよみがえる!そしてなぜか元気が出てくる!30年前にタイムスリップしたみたいだ!            さっそく、県内の昔ながらのレコードショップにミュージックカセットを探しにいくと、な、なんと、カセットテープはもうない!そう、すでに人気が出てていてとっととオークションサイトなどで売り飛ばしてしまっているそうな。。。おーノー!        ど、どうしても欲しい。。。。と、そんなこんなで2ヶ月くらいの間でこれらのミュージックテープを入手してしまった。(おこずかいマイナス!)

 

 

今なら、これらを見ながら酒が飲める!

一番のお気に入りがこれ、そう、BIG WAVE!                                当時なんどもなんども聞いた。兄から借りたプレリュード(2台目)で伊豆の海岸沿いをスモークのサンルーフから光を浴びながら走るなんとも心地良いクリアな気持ちは今でも忘れない。

お次はこれかな、荒井由美ね。中央フリーウェイは定番中の定番でしょ。

あと、こちらはU・S・A盤 LIKE A VIRGIN! これ、兄貴がレコード買ったので録音させてもらったっけ、この時まだ、友達はマドンナの存在を知らなかったくらいだ。

最後にこれ、極めつけ

♪は~ら~だ、た× 真二 です。                                        

キャンディは今、聞くとなんか響きます。

コロムビアレコード、ビクター、そして懐かしの東芝EMI!                        エイベックスなんて知らな~いのであった。

そこのあなた! 旧車なのにi-Phonなんかで音楽聞いてないか?そんなことしちゃダメだ。時代背景をあわせられないなら、車内で音楽を聴くなど邪道なのだ!       あ、すみません、言い過ぎましたね。それは個人の勝手ですものね。

そんな私もカルマンで携帯(スマホじゃない!)から音楽聞こうと四苦八苦したっけ。 今もあのスピーカーは組み込まれたままなのだろうか。。。。

あ、そうそう、8トラックのデッキが45年前の我が家にはあったが、その当時ですでにボロくさかった、今でも、テープやデッキをオークションサイトで見ることがあるがもはや脱帽でしかないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

あの頃の記憶

家の近所にヘリポートがあった。その頃は、自分の背丈よりも高い葦のような草に覆われた場所で、この先に何があるのだろうと若干冒険気分でその草に囲まれた河川敷の砂利道を行くと突然開けた場所にアスファルトで整地されたヘリポートがあった。       そのヘリポートには決まってラジコンのヘリコプターで遊ぶオジサン達がいた。     時には飛行機もあり、Uコンもあり、実際のヘリコプターが離着陸する場所で勝手にそこに入って沢山の人たちが群れていた。(勝手かどうか知らないがその当時でもホントは立ち入り禁止だったと思う。ーたまには本物のヘリコプターも降りてきてパイロットのオジサンと話をしたこともあったナ。うん、のんきな時代だ。今なら問題になりそう。。。)

昨今ドローンなるものができて空中に止まる模型は珍しくはなくなったが、当時のラジコンヘリコプターは、まだジャイロもなくてそれはそれは大変そうだった。          飛行機のように飛ぶことは割と簡単だったみただけど、ホバリングができないと浮上したら最後、着陸することがままならないのだ。  なので皆、ホバリングの練習ばかりしていて見ている我々お子様達はツマラナイ思いでそれをみつめていた。          ある人は50cmも浮上したかと思うとバランスを失い、ローターを破損、ある人は浮き上がることすらなしでローターが地面に接触し、その破片が飛び散る!。今思えばなんて危険なことだったか。操縦ままならない大きなラジコンヘリが子供の近くであれよあれよといったりきたりしているし、オジサン達だって、ローターのブレを見るためにローターに目を凝らして保護メガネもかけずに調整をしていたのだから。。。

いつも同じオジサンたちがいるので顔は今でもなんとなく覚えている人もいる。     その中で黒縁のメガネかけた色の浅黒い人がホバリングからやや前進する姿勢で高さ1mくらいのところをやったの思いでプロポから手を放してもゆっくり進むことに成功した!そこにいた仲間のオジサン達に大きな声で見てみて!と叫んでいたのをふと思い出した。         その直後、着陸らしいものにも至らずバキバキっとなったようだったけど。。

小学生の私には皆、どの方も一様にオジサンだったけど、今、存命だったらそのかたはいったいおいくつになっているだろうか? 当時35歳くらいとして、44年前くらいだったら。。もうおじいちゃんは間違いない。 う~ん、その方たちに当時の思い出話でも聞かせてもらいたいな~。

それから数年してジャイロが開発されて少しは楽になったようにみえたけど、それでもかなり大変そうで、ラジコンのヘリコプターは大人の”子供”が楽しむ贅沢な趣味だったと思う。

当時だったらオジサン達は、何が主な趣味だったろうか?今と同じでゴルフとかかな?         大人の遊びとしてはレアな遊びではなかったかと今思う。

ヒロボー?とかいうオレンジ色の簡易なボディーをしたものが多く、あとはジェットレンジャーって言ったかな?ちゃんとしたボディーのヘリもあった。2ローターのヘリもあったな。 60か、45エンジンが主流だったのかな? 2サイクルのエンジンから紫色の煙を生きよい良くはきだし、ヒマシ油の焦げるにおいが今も懐かしい。。                 ヘリならニトロは15%あたりが主流だったかね? あ~、懐かしい。二酸化炭素を吐き出すふとどきさが素敵だったね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ラヂオでいいね

最近、歳のせいか、とても目が疲れて、仕事から帰宅するとテレビを見るのがツライ。          なんていうかギラギラする。音声も、耳に心地よくない音ばかり。                   昨今、AM,FMに限らず、ネットの環境さえあればスマホでも全国のラヂオを聞ける。とても素敵な時代になった。 今、こうして最中にも上州でBayFMを聞いている。                なので、今、こうやってパソコンに向かっているのものとてもツライ。                     何か題材があったような気がしたが今日はここまで。。。。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

これ、おもしろいですね・

2115?cid=co_prts_obr

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

2018年の晩夏に乗るルノー4(キャトル)

里山まで。。

ちょっと一息。。。

この個体は1991年製。。私の感覚からすると新しい部類だ。                        ちょっと前まで部品がなくなるとか騒がれていたキャトルのようだが昨今では、オークションサイトなどで新品の部品を購入することができる。こういった面ではありがたいことだ。欧州車ばかりを扱うお店の方に言わせればこんなに部品が豊富にある車はないという。もっともその店のオーナーは、シムカとかシトロエンGSなどの変態車(すみません!褒めことばデス)を扱っているのだからそれに比べればというところか。。。            さて、実際に乗ってみるとだうだろう。 まず、エンジンの静かさにビックリだ。         それやそうだ、カルマンなどの空冷VWやエンジンルームと薄皮一枚で区切られているMINIなどとくらべれば大違いだろう。 それにしてもスムーズだ。10万キロという”少ない”走行距離も幸いしているだろうけど。。                  この年になってふんわり系の車が大好きになった。やさしく運転したい。そんな気持ちを満足させてくれる。 4速ミッションだがシフトは、粘りのある3速のおかげで通常なら4速に入れることは少ない。これもエンジンの静かさ、なめらかさが秀でているからだろう。   そして。。

なんと言っても直線が楽しい!気持ちいいのだ!流石だ。これがロングバケーションを過ごすフランスならではの味付けなのだろうか? どこまでもどこまでも走りたくなる。。ほんと、はっきり自覚したよ。運転して楽しいのはどういう車かって?まっすぐ走ることが気持ちいい車のことを言うんだ~。。    カルマンでも十分遠乗りはできることを実証したけどやっぱ安定性は厳しい(クラッチは軽くてイイよ!)、MINIでは、長距離ポンポン跳ねるその素性からとても疲れる(コーナリングは最高!)、旧FIAT500に至っては、30分くらいの街乗りはとっても楽しいけどそれ以上やはり厳しい(一回しか運転してないけど)。。。どれも素適なくるまだけど このルノー4は、総合評価として◎だった。。。  第一、ドアが5枚もあるんですよ(笑)

もちろん、リアのシートは倒れるので荷物をたっぷり積めるのはいうまでもない。   さらに後部座席まで開く広大なキャンバストップは秋めいた晩夏の風を心地よく体にまとわさせてくれた。 クーラーも付いているけどほぼいらなかった。

 

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

こんなのいかがですか?DATSUN-Zとミゼットとウイスキー

上州前橋。。。アーケード街は、閑散としている。しかし、熱いのだ。                     古いものは見向きもされなくなり、世間の波に揉まれて消えていく。。。。                 けれど、長い年月を経て古いものから旧いものへと耐えて耐えて、耐え抜いたとき            それは人々のromanを掻き立てる。                        それを歴史に残した人がいる。 もう、地元では有名だがある博物館の館長を務めている方だ。その歴史の一遍が、前橋のアーケード街のコミュニティーに展示されている。

さ、好きな方は好きだろう。どうぞ、上州観光の際には訪れてください。                (注!:展示内容は普遍的に変更されるみたい)

あ、こんなのもありますが、こちらを探し当てた方は偉い! アーケードから外れたとこにあります。

今、ウイスキーを嗜みながらこれを記述している。                             このグラスは、わざわざ東京まで行って買ってきたものだ。ウイスキーを飲むならもうちょっと大きい普通サイズのテイスティンググラスがいいのだけれど、私は小さいけどちゃんとしたものが好きだ。

と、いうことでホントに欲しいものは、ネットなどで買ったらモッタイナイ。出会うまでの道のり、店員との会話、そして手にしたときの質感。。何年も前なのに楽しい思い出。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

お腹いっぱいはモッタイナイ

近頃体重が減ったらしい。2ヶ月の間に7kg程度か?

周囲では病気ではないかと思われている。いや、実際そうかもしれないが、実際のところわからない。しかし、日々思うことがあって、必要以上に食べることは辛いことだと思うようになってしまった。 第一、お腹が苦しい。。何の得があって意味のないお腹いっぱいをする必要があるのか?もう成長するわけでもないし。。沢山食べるときは、何か必要にせまられてエネルギーをいつも以上に必要とするときだけで普段において食料を無駄に消費するのはなんと愚かなことか。。。いっぱい食べてただウ〇コするだけなんて環境破壊だ!今だにテレビでは大食いとか、メガ盛りとかの番組をやっているけど、見ているとなんか気持ち悪くなって、すぐにチャンネルを回してしまう。無駄だ。。あれ?何を言ってるの私?やだやだうんちく臭いのも気持ち悪いわ。。。                                あ、イケない。また悪いクセが。。ここはホビダスブログ、趣味サイトであることをすっかり忘れてしまっていた。                               と、いうことで体重が重いと燃費にも響くかも知れないし、第一、シートが痛むから車やバイクにもやさしくないから控えよう。。というオチ。。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

前世はモグラかしらん

 

森を歩いているとその茂みの中に入りたくなる。

そして、苔蒸したその土に穴を掘ってそのまま横になって

眠ってしまいたいと思うことがある。

そう思うのは、近頃ではない、公園の綺麗な芝生をみるとそこに

寝そべってそのまま溶けてしまったらさぞ気持ちがいいだろうと

思うことがあった。

自分の前世は、クマか?モグラか?いや、名も知れない草か苔、いや、

もしかしたら粘菌とかその類かも知れない。

何か自分の心の奥の奥の方で本能のようなものが小さく種火のように

消えずにいまも残り、それが緑に覆われた風景を見るたびに脳裏から

表側にひっくり返される。。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ