roman

巷は例の話でもちきりだ。それはそうだろう。

そして、誰しもがいつ自分の身に降りかかるときが来るのだろう

と思っている。

そんな中、ウヰスキーを飲みながら78.9Mhzから聞こえる

JAZZに耳を傾けていると根拠のない言い知れぬ愉しいとも

思える気持ちが込みあげて来るものだ。

験なきものを思はずは

一杯の濁れる酒を飲むべくあるらし

あそこで関根さんから教えてもらった大伴旅人の短歌が脳裏に浮かぶ

 

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">