In the midwinter forest

あたりが茶色ばかりの森で

遠くでつぶやく森のささやきを感じながら

独り突っ立っていると

あたかも自分が彼らと同じものであるかのように思えた

 

春や夏には沢山のアクセサリーを身に着けた彼らも

今は、しんとした空気のひとつになってただ、

僕と同じく突っ立っていたからだ

 

ほどなくして森の住人達のおしゃべりが聞こえだして

ちょっと怖いと思うくらいに向こうから

彼らが押し寄せるようにやってきた

彼らもまた同じく、茶色や灰色ばかりの衣装を着ていた

なかにはこっそり淡い緑を羽の下に忍ばせていたけれども

 

まぬけな人間が突っ立っているのにびっくりして

彼らの一人が、ちょっと怒っていたり、

どんな輩かと覗きにきたおせっかいなものもいたりして

それでもなにやら楽しそうだった

必至に生き抜こうとしているのにね

 

そんな彼らと短い時間を過ごしていたら

茶色ばかりの森の隙間から青い空が覗き込んで

いつの間にかなにかポカポカしたものが

僕の内側に充満していくのを感じていたんだ

ありがとう

やっぱり、ここに来てよかったよ

 

In the midwinter forest

 

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">