読書が趣味です。 なんて嘘ばっかり

宴会やら、そのような席で初対面の方と話をする機会があって、

趣味の話に高じてくるときがある。

やれ、ゴルフだ、釣りだ、自転車だとか。。。

〇〇さんは、どんな趣味がありますか? などど聞かれたとき、

ふと、” 読書です ” と答えたとき、

相手の人がひどくつまらない顔をして、僕のことをなんてつまらない

人間なのだろうという目でみつめてそれっきり会話が消滅してしまう

ことがあった。

なんで?

そうなのですか~、どんな本を読んでいるのですか?とか、

ほう、何かおもしろ本はありましたか?とか、

話の膨らませようもあろうかと思ったのだけれでも、” 宴会 ” 的な

ところでこういうのってダメだったみたいです。

たぶん、ゴルフですっとかいう答えを期待して、

そうですか!今度一緒に行きましょう!

なんて感じになりたかったのだと思うと、ちょっと相手に申し訳ないと思う気さえした。

だって、ゴルフなんてやらないし。

 

しかし、実は、それで良かったのです。

ホントのところ読書は、僕にとって趣味という領域には達していないから。

本を読むって国語の授業みたいで何か知識を得なければならない極めて

真面目な部類にまだあって、趣味という軽々しいものじゃない。。。

そう、まじめに読むようになったのだってここ10年にならない。

それも、本を読むなら純文学といちいち、そこから始まって明治~昭和初期の

文豪たちの本ばかりを探しもとめて、ようやく最近になってやっと、ポツリと

村上春樹さんの本を読み始めるというなんともヘンテコな道を辿っている。

(大して読み数も及んでいないけど)

 

本を読みながら、笑ったり、関心したり、色々な感情がとおり過ぎるけど

やっぱり、” 勉強 ” のにおいがするのです。

そう、めんどくさくて、イヤなやつの部類。

そういうこともあってか、何か知らない漢字があるといちいち調べるし、

固有名詞が出るたびに検索したりする。そして、何か参考になることが

あるとそれを覚えようとしたりする。だからひどく疲れることもある。

(全然覚えられなし、まったく間違って伝えることさえあるけれども。。)

まだまだです、 いや、ずっとダメかも知れない。趣味と言えるには。。。

ただ、そういえるような人になりたかったのかも?とも思う。

今でも、寝付かれないときは、なるべく興味のない本を読んだりするの

を継続している。

そうすると10分もしないうちに眠気が襲ってくる。大抵の場合。

そうか、趣味と言うより睡眠薬的なものなのかな?

 

何かお薬でもお飲みなっていますか?

 

などど、医者に聞かれたとき、” 読書を少々” って言ってみたりして、

今度は、なにか違うおかしな人という目で見らることこの上ない

と思うと少し楽しくなってきたりもした。

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">