ミュージックカセットテープ

2年前くらいからカセットテープが若者の間でカッコイイ?と言われているらしい。            CD、MP3、などの音楽媒体しか知らない世代にはとても新鮮らしい。                  最近では、わざわざ音源をカセットテープで起こすミュージシャンもいるみたい。

う~ん、そうなのかね。                                    でも、私の世代にはちょっと違う。そう、リアルタイムだったから。。                 ラジオのトーク番組の合間に流れる曲に耳を凝らし、ここぞとばかりカセットデッキの録音ボタンをONにする、そして曲が終わりそうになるとうまいタイミングでフェードアウトする、やもすると、突然トークに切り替わり声が入ってしまい、思わず ”あっ”と息が漏れてしまうときもあった。 はたまた、友達がレコードを買ったならば、当たり前のようにダビング(コピーとかいう言葉は使わなかった!)をお願いする。 レコードがなければ友達の友達が録音したテープをさらに録音して、しまいには雑な音源の宝庫と化す。 それでも、それでも、お気に入りの音楽を手に入れたならば何度も何度も聞き繰り返す. そう、それで楽しかったのだ。                           そんなカセットテープ事情の中で燦然と輝くとっても贅沢なカセットがあった。     そうです、ミュージックテープです。レコードからの録音でもない、ダビングでもない、正真正銘の音楽テープ。 もし、お金があればレコードを買ってそれからテープにダビングするのが通例。 音源がはじめから録音されたミュージックテープを買うのはなんらかの事情をもった気稀なユーザーしかいない。 そう、それ自体が珍しいことなのだ。

そんななか、私も唯一、ミュージックカセットテープをおこずかいをはたいて買った記憶がある、そう、我が家にはレコードプレーヤーがなかったのだ、今となっては何を買ったのかすら覚えていないが青いラベルが貼ってあった、白いカセットテープの記憶だけが雄今もなお記憶に残っているばかり。。。

たまたまカセットデッキを入手することができたことから、中古のカセットテープ探しをすることになった。 探してみると近所にも中古レコードショップがあってそのオシャレな店内の片隅にカセットテープもちゃんと陳列されてあった。               その中で一番やすい、ボサノバのテープを800円で購入。さっそく聞いてみた。    お、お、お~、なんか懐かしい、懐かしいとともにあの頃の記憶がよみがえる!そしてなぜか元気が出てくる!30年前にタイムスリップしたみたいだ!            さっそく、県内の昔ながらのレコードショップにミュージックカセットを探しにいくと、な、なんと、カセットテープはもうない!そう、すでに人気が出てていてとっととオークションサイトなどで売り飛ばしてしまっているそうな。。。おーノー!        ど、どうしても欲しい。。。。と、そんなこんなで2ヶ月くらいの間でこれらのミュージックテープを入手してしまった。(おこずかいマイナス!)

 

 

今なら、これらを見ながら酒が飲める!

一番のお気に入りがこれ、そう、BIG WAVE!                                当時なんどもなんども聞いた。兄から借りたプレリュード(2台目)で伊豆の海岸沿いをスモークのサンルーフから光を浴びながら走るなんとも心地良いクリアな気持ちは今でも忘れない。

お次はこれかな、荒井由美ね。中央フリーウェイは定番中の定番でしょ。

あと、こちらはU・S・A盤 LIKE A VIRGIN! これ、兄貴がレコード買ったので録音させてもらったっけ、この時まだ、友達はマドンナの存在を知らなかったくらいだ。

最後にこれ、極めつけ

♪は~ら~だ、た× 真二 です。                                        

キャンディは今、聞くとなんか響きます。

コロムビアレコード、ビクター、そして懐かしの東芝EMI!                        エイベックスなんて知らな~いのであった。

そこのあなた! 旧車なのにi-Phonなんかで音楽聞いてないか?そんなことしちゃダメだ。時代背景をあわせられないなら、車内で音楽を聴くなど邪道なのだ!       あ、すみません、言い過ぎましたね。それは個人の勝手ですものね。

そんな私もカルマンで携帯(スマホじゃない!)から音楽聞こうと四苦八苦したっけ。 今もあのスピーカーは組み込まれたままなのだろうか。。。。

あ、そうそう、8トラックのデッキが45年前の我が家にはあったが、その当時ですでにボロくさかった、今でも、テープやデッキをオークションサイトで見ることがあるがもはや脱帽でしかないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">