カマキンから群馬近代美術館、そしてkawasaki

日曜の朝。。。 昨日は12月とは思えない暖かさと天気に恵まれた、まあまあ爽快な空だった。(あえてまあまあとしたのは、本来ならきっと透き通るような青のハズだったろうに、昨今の空気汚染の影響か、ここしばらく雨あがりの朝以外に昔のような透き通った空や空気がなくなってしまったことに関して抵抗だ)

ところが今日は、朝からあいにくの雨。。。冬のこんな日は、こたつに入ってボケっとするのがよろしい。。。 ふと、テレビを見ていると鎌倉の近代美術館が来年に閉館してしまうということで鎌倉近代美術館(親しみを込めてカマキンと地元の方は言っているらしい。。)そのものが日美(日曜美術館)の題材だった。 学芸員の方が『この美術館は少し浮いているように見えるんです。ほら、階段の下、ここの部分』という。そこに目をやると誰も気が付きはしないだろう正面エントラスの階段の下側が数センチくらい掘り込んであるような形状をしている。お~、なんという細かいこだわり。。そうか美術館はそれ自体が作品。美術館自体をそんな目線でみたことはないけど、大まかなディテールをとらえるのはでなく、細かいところに着目したら面白いかもな?とひどく思ったのだ。    などっと思っていたら自分もマネをしたくなってしまった。

と、いうことでグンキン(ダサ!)、いや、群馬近代美術館へ。。。。。こちらは、カマキンと違ってずっと新しく、1974年開館。。設計は磯崎新氏とのことです。。。                 と、どんな細かいところが見つかるかな?なんて思っていたらそんなことはすっかり忘れてしまったのだ。。。

それは企画展示されていたこれらの絵のせいだ。

写真OK!ということで撮らせてもらいました。 なんとインパクトのある絵でしょう。若干どかでみたような画風にも感じるけど、取り上げられている題材が面白い。ほとんど全部セーラー服を着た女子高校生なのだ! こちらは群馬県高崎市出身の新井コー児という方の作品らしい。 ご本人の説明による男子高校へ通っていたご本人、女子高校生がはしゃぐその光景がとっても印象に残っているらしい、しかし、実際には女子高校生の実態などは知るハズもない。そこで、男子高校生性がしてきたことをその風景を女子高校生という絵材を使ってユーモラスに表現しているのだ。 これなどは、廊下で野球をしている女子高校生だもの。 このエリアは写真OK!と言ってもこういうところに勝手に載せてよいかわからんが、一番私が気に入ったものはこれだった。

セーラー服を着たままの女子高校生が、ノーヘルメットでくわえ煙草をしながら湘南の海をバックにZ-Ⅱ(たぶん。。。)で快走しているホンの小さな絵。 これいいわ。    これなんかね、湘南の海を東京方面に走ってこっちを見ているでしょ?と、いうことはこれを想像すると彼女は、前方を走る知り合いの車を見つけたので、反対車線をお構いなしに走って、くわえ煙草で よっ!と言わんばかりに抜き去ろうとする寸前のその一瞬をとらえた絵だ! と私は推測&想像したのだね。 アブノーマルな部分がこの一枚に沢山凝縮されているんだ。。と。ありえないし。。。他にも沢山!どれもこれも面白い!   氏は、どうも昭和ノスタルジックな風景が好きなようでそこが私の感性にもヒットしていたので思わず食い入ってみてしまったのかもしれない。。。他にもホンダT360が田んぼの脇にあるその横でだらしなく女子高校生がたむろしているものとか、銭湯の煙突の上で佇んでいる女子高校とか、学校の教室の石油ストーブのまわりでみんなでたむろして熱燗しながらおしゃべりしている女子高校性とか、さっきまで聞いていたであろう、吉田拓郎のレコードをそこらにうっちゃり、小汚い和室の部屋で一杯やりながらだらしなくしている女子高校生とか、高崎線の電車の中で薪をしながら缶ビールを飲んでいる女子高校性とか、オジサンが入っている銭湯の湯船の横で湯船に釣り糸をたらしながらくわえ煙草で鎮座しているセーラー服をきた女子高校生とか、とにかくありえない絵ばかりでしかも、思わず、プっと笑ってしまうのだ。。。おもしろい。。。

もう、沢山あった。これだけで十分。300円のもとはとれたのだが、別の展示室では      マルク・シャガールの『ダフニスとクロエ』(初めて知ったけどね)を学芸員の方が説明していたので50分たっぷり見て、聞いてしまった。 おっさんのクセにへんな恰好をしている私がまざってしまっているのはとてもお邪魔ではないかと思いながらも。。。。

ここ群馬というとても全国の方から見ればとても認知度の低いところだろうけど、この美術館にも一応メジャーな画家の絵もあったりする。 ルノワール、ピサロ、モネ、ムンク、ルドン、シャガール、モロー、ルオー、マルケ、フジタ、パスキン、ローランサン、デュフィ(←私は知らなかったけど、私はこの方の画風がちょっと好きになったわ)

もっとじっくり見たかったけどなんだかんだで3時間ほどいたらくたびれてしまったのでハイ、今日は、おわり。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">