桐生から国定忠治そして高崎のコンパルまで

暑い、真夏だ。こんなに暑いのに自転車で一日中走ってしまった。

朝、5時。。予定より早く目が覚める。。。6時発小山行の電車の乗る。。。土曜日でも学生さんが多いのね。。。そんな中でも”それほど”邪魔にならないブロンプトンは偉い。

桐生駅に着いたときはまだ涼しかったのに。。。。

桐生の街はなかなか古い町並みが残っている。桐生という街は、織物が盛んで染色も行われていたので街並みというよりもレトロチックな工場が多い。

これなんかそうね。

あ~、これみて思い出しましたけど、幼稚園か小学校低学年くらいかな?工場を絵に書くと必ずこれだったな。ギザギザ屋根に煙突つけて煙もくもく。。。。今のお子様達が書く工場はどんなでしょう?

こんなもありますし、

こんなのも

そうそう、この街には国立大学の工学部があります。その構内にもこんなのありますよ。

あ、銭湯みつけました。どうやら現役みたいです。凄いわ~

アップで

いや~、いいですね。この街は、自転車でなく秋になったら歩くのもいいでしょうか。。。

まだ、朝なのにお腹が減りました。

こんなところで朝食はオシャレですな。(朝食は食べてきたんだけど、早くも小腹がすきました。) パン屋さんでもあり、喫茶にもなっています。ちなみに銭湯以外は、今までの建物はどれもこれも文化財になってます。

テラスで。。。

食べかけですいません。ラスクも買いました、ちなみに中も素適ですよ。こちらにきたら来てみてくださいませ。 あ~アイスコーヒーがおいしいわ~。

栄養補給したし。行きましょう。

つぎは大間々に行きました。。。

でも特になにもなにもないのでスルー。(ごめんなさい。。あるけど、すでにチェック済なので)。。。 あ~暑くなってきた。まだ9時頃だよ~。ささ、

あ~、ちなにもナビもなにも持ってません、なんとなくこっちかねっという感じでさらに信号で止まるのがイやなので左右に曲がりながらくねくねと行き当たりばったりでいきます。そんな感じ進んでいたのに、どうやら行きたいところへ着いたようです。

それがここ

そう、お寺ね。

じゃーん、そう、ここ養寿寺にはあの国定忠治の墓があるのですよ。なんでもそのお墓をちょっと削って持っていると賭け事に当たるとか当たらないとか、だから、忠治のお墓は元は四角だったのに今は角がなくなってきています。

あ、写真は撮りませんでした。だって、本物のお墓だし、なんか写っていたら怖いので。。。ちなに私は、ご挨拶してから墓石にやさしく触れてきただけですヨ。

さ、またもお腹が減ってきました。お昼は伊勢崎まで行ってラーメン食べました。店名は忘れましたがおいしかったです。しかもなんと12時前までに注文すると餃子無料だそうです。会計してから気が付きました。ラッキー~ありがとうございます。

あ、途中こんなのもありました。

連取(つなとり)の松というそうです。松が上に伸びないで山の裾が広がるように大きく、広がっています。樹齢300年だそうです。根本はこんな感じ

ま~ありがたやありがたや、こちらにも優しく触れ来ました。

社には先客2名(2匹)がおり気持ちよさそうにお昼ねをしておりましたので、上に上がらしてくれまないのでそのまま引き返しました。

暑い、暑い、電車で帰ろうかな~と思いながらも高崎に着きました。

時間はすでに15:00を過ぎておりました。やや日も陰ってきたのが幸いです。

あ、ふと上をみたらどうやらいつもは誰もいないと、いうか営業していないかと思っていたある喫茶店にどうやらお客さんがいるのを発見しました。

もう、暑くてくたびれてしまったのでここで涼をとることにしました。

すごいでしょう、なにが凄いって私が高校の頃よくたむろしたのがこの喫茶店なんですが、食品サンプルも店内も当時のままなのです。

スゴイ。。。奇跡だ。。。と嬉しくてニヤニヤしていたら変な客だと思ったのか私があまりに懐かしく店の方に声をかけたら気持ち悪いものをみるような目で私を見て、一瞬目があったのにそらされて笑いもせず、逃げるようにされてしまいました。どうもお客とコミをとるのはイやなお店のようです。まーそれもそうかな、だってここで高校生がたむろしても放置していた?(いや、我々が勝手か。。。。)店だし。。。さてと。。と、窓際に座ろうと思ったらなんと植木に占領されて座れませんし、段ボールの上に植木が置いてあったり椅子は当時ものですから十分に年期が入ってますし、床のカーペットがすごい色になっていますし、柿のたねは落ちてますし、あらゆる点で昨今のお店の基準からみればありえない水準です。

そんなお店なのにこともあろうにフルーツパフェ(だって550円なんだもの。。。)を頼んでしまいました。 あーアイスコーヒーあたりにすればよかったとちょっと後悔しましたが意外や(失礼)出てきたフルーツパフェは、ちゃんとフルーツパフェでした。 (メロンとかちゃんとしたのがのってましたし、意外にお客はきてて需要はあるのかな。。。)と、最初にいたお客が帰ったら、店のオヤジはBGMスイッチをパチンと切り、テレビを点けました。テーブルの上にはお客のものでなく店主が図書館から借りてきた読みかけお本が開いて置いてあります。喫茶店というよりもいつのまにか誰かしらないオジサンの家のリビングに来たようになっています。

ままー、いいや、涼しいし、パフェはおいしかったし、なにより懐かしいし。(だって30年以上時間が止まっているお店はここ高崎ではあまりない)さて、帰ろうかな~とおもったらなんと現役女子高校生が2名入ってきた。うっそー!今でも若い人が来るんだ。。。昭和レトロブーム?

ほら、サンプルのレモンスカッシュの色がこんなに。。。ちなみに右のはコーラではなくクリームソーダです。  しかもレスカって、、いま。。。。(そういえばクリームソーダもレモンスカッシュもメニューに最近ないですよね?)                時間が止まっている分、値段もほぼそのままです。

もしかしたらこうやってボロくさいことを沢山書かれていたりするのでイやになっているのかもしれない。イや、そんなことないよ、この感じ、古さは今ならそれを売りに十分イケる。昭和レトロは稼げるって~。ただ。。椅子の汚れとか、古い感じをそのまま残し、清潔感を出すのが難しいのだろうなきっと。。。。

あ~今日はとても疲れた。

あ、そうそう岩宿駅で髪の長いオジサンに車から声をかけられた、オジサンから軟派???まさか??なんだ??とおもったらその自転車、僕も買いたいので是非みせてほしいとのこと。 あら、おやすいご用です。聞けばその方BSモールトンを持っているのでが輪行する際に、面倒だし、大きいしとブロンプトンに浮気したいみたいです。 いや、わかります、重さは軽くないけど、小さくなるって電車の中、さらにバスの中では威力発揮、タクシーだってフツーに乗れる。スゴイ。

こんな小さなモノであっちこっち連れてってくれるなんて思いもしなかった。。     しかも折りたたんだ姿が美しいのもなかなかない。

※その後、この喫茶店についてちょっと調べると、そのスジ(どんなスジ?)にはちょっと感動されるそうです。なんでも昭和39年創業、わ!同じ年じゃんか~、マスターは車も好きで色々気さくに話をしてくれて。。。とか、結構、良い印象で書かれていることが多い。。。明らかに。。。そう、明らかに私は嫌われていたようだ。。。マスターの昔話聞きたかったな~。。。よくよく見たらシートの破れなどはひとつもなかったので、それなりに苦労しているのかも知れない。。昔は確か3Fもお店になっていたと思う。土日ともなればどこの喫茶店もお客でいっぱいで、にぎやかだったと思う。高崎界隈でもジャズ喫茶がいくつかあったり、こんなとこにあるの?という隠れ家的な喫茶店でも必ずお客がいた。いつしかそれらの店は姿を変えたり、跡形もなくなったり、まるで帰る実家がなくなってしまったような気分になっていたが、そんな状況のなか、この高崎のコンパルはブレていない。末永くいつまでもこのお店を続けて欲しいと思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">