Folding bike entering the Karmann(Bronpton&Karmann ghia)

今日は、良い天気でした。秋晴れというやつですね。

最近は何かと不安定な天候ですがこういう日があるとホッとします。

ところで折り畳み自転車ですがカルマンに積めるか試して見ました。

こんな組み合わせあまりないと思いますがカルマンやビートルに積める

自転車が欲しいなと思っていた方もなかにはいるでしょうからご参考に。

(カルマンに積めるってことはほとんどの車に搭載可能ね)

と、いうことでリアシートに。

すぽーん。ふつうに入ります。でもこのままだとシートが破れたりするかもしれませんので自転車自体はカバーをした状態で積めばいいでしょうか。

次はリアのトランクに。。

あ~ちょっと厳しいですね。

シートが閉まりません。10cmくらい空いてしまいます。シートの裏を穿るとか工夫すれば詰めるかもしれませんけどね。。。

今度はフロントのトランクに

あーこりゃダメだ全然×です。これじゃフロントフードが閉まりません。つまり走行できませんよ。ちなみにスペアタイヤスペースにも入りませんでした。

あとは助手席ですかね。シートを後ろに下げれば入ると思いますが、それは全然面白くない搭載の仕方ですからやりませんでした。

リアのトランクに入ればスマートかな~と思いましたけど、リアのシートならまー許せるかな。

なにも折り畳みじゃなくてもキャリアつけて上に乗っければいいじゃんと思うのですが、カルマンにキャリアを付けるのはどうも。。。(いやカルマン用キャリアならカッコいいですけど、そんなの手に入らないし。。)それに、私はどうも、何かの中に何かが入るとか好きみたいで、それも搭載能力がそもそもないものに何か別の機能のものを搭載できるというのにとても魅力を感じてしまう。 そういえば小学校4年夏休みの工作に箱型の扇風機を作りました。そしてその上の蓋をあけるとこれまた自作のリモコン自動車がなぜか入っているというヘンテコな組み合え合わせ。全然関連がない。ただ入っていなさそうな中に何か入っている、しかもそれが意外なところに。。。というのに妙に興味を持つようで。。。。あるでしょ?そうゆうの。。                       そいうえば昔兄貴がホンダのCityを持っていたな。モトコンポは買わなかったけど。そんな感じ。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">