⑤とまらんよ、ウオッシャーとはこーゆーことです。

つづき
先ほど、’67ビートル乗りの友人が遊びにきてくれました。
ちょっとかなしいお知らせです。
え、なに、どーした・?なにがかなしい。。
いえ、すみません、かなしくはないです。ただ。。。
ウオッシャータンク。。。別にスペアタイヤなんかなくったって自転車の空気入れみたいので圧をかけておけばなにもスペアタイヤと直結しなくても問題なしと。。というか年式によってはスペアタイヤと直結されていない。。。つまり車検のときだけしか使わないのなら別にこんなことしなくてもいいじゃん?ってオチです。
いや、違う、きっと純正のあのウオッシャーバルブ液漏れしたよね、いや、それどころかきっと動作しなかったよね。それにいちいち空気いれるのめんどうだよね。ね、ね、そうだよね、ね、。。。。。。。。。(全部自分への慰め?のことば??)
※それと①②で誤記があったので訂正しておきました。
さて、それはそうとその後どーなったかと?
ウオッシャー液をノズルから出すには当然、ウオッシャータンクとウオッシャーノズルをパイプでつなぐ必要あり。
このなにやらアヤシイ形状をしたのがウオッシャーノズルの裏側です。う~ん長さ20cm、いや間違い20mmくらいの4mmφくらいのパイプです。
〇〇〇的なもの
これとウオッシャータンクをビニールパイプで直結!
あ、まだ途中ですが、野暮用です。すみません、また後で。。
しばし外出。。。。
帰ってきたらつづき書きます。
ただいま。う~、明るいうちからビールを飲めるなんて幸せだ。。。
ここまでひぱっておいていきなりですが。。。。
出たぞ!うおっしゃああああー
♪出ーたー出ーたー水が♪うおおおおおっー、ウオッシャーノズルから水が出たー!
スイッチ→
エアーポンプ→
ウオッシャータンク→
ビニールパイプ→
ウオッシャーノズル
のなんて見事な連携プレイ!購入から3年、マイカルのウオッシャノズルから水出てます~、
やったー!やったー!村長やりましたよ!これで村も安心だ!
今夜は宴だ。!騒げ踊れ飲めや食えや~わーっい。
と・こ・ろ・が・・・
このウオッシャー宴がいつまでもつづきます。。
村長!大変だ、水が多すぎる、このままでは水浸しです!
ガ、ガーン!!!!!、、この時点まで気が付かなかった小生はアマイ、全然わかっとらんではないですか。。。
密閉されたタンクに空気を入れたら、空気圧が下がるまで水が止まりません!!
そーっす、タンクにポンプでエアーを入れた、水が出たはいいものの本来あった水をON、OFFするバルブを外してしまったわけですから、ポンプのスイッチをOFFにしてもタンク内の圧はすぐには下がらず、なんと3分くらいいつまでも水が出続けてます。しかもスイッチONから水がでるまで数十秒のタイムラグがあります。
こ・こ。れでは使いものになりません!!!!
ショック、ショック、ダブールショックぅ。
でも、あきらめませんでしたよ。
次へつづく。

カテゴリー: 修理?   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">