グリスアップで自分もアップアップ。。てか

日曜日は、暑かった。暑かったのにグリスアップをした。
このブログの過去記事をみると前回は3月22日でした。
それほど日も経っていないと思うのですがなぜか気になった。
カルマンが言うのです。痛いって。。。
そう、わかるよ、わかるよ、自分より年上のカルマン。。
小生も歩くと膝が痛くなる時がある。
なんていうんですか軟骨が磨り減ってきて膝が痛くなる。それと同じなんだなきっと。
63年式空冷VWの主なグリスアップポイントは8箇所。
あ、その前に大事なことが。。。
その前に。。。
この季節、作業が終わってから蚊にさされたあとが沢山なんてしばしば。。。自分にもカルマン周辺にもス〇ンガードです。
トーションバー部です。
トーションバー部
うわ、汚いですねーとてもお見せしたくない箇所ところです。
平行に太い棒が二本あります、そこに小さなポッチがありますがそれがグリスアップ用のニップルです。(キャップが付いてマス)上下2箇所あります。もちろん左右ありますので計4箇所です。
ここは、フロントのスプリング(といっても棒ですが。。)がグリグリされるところですかね~。
そして、アクスルビームの箇所です。片側上下2箇所、左右で4箇所です。
フロントアクスル部
ものの本によりますとこの部分のグリスアップポイントがある、つまりキングピンタイプはカルマンの場合65年式までのようですね。ここは、この年式のアキレス腱みたいなところでしょうか、トーションバー部より倍のグリスアップ頻度が必要みたいです。まーたしかにそんな感じ。。ここの部分は右に左に上下にグリグリ
され、いろんな応力がかかりそうです。
フロントをジャッキUPして、グリスがたれてもいいように下に新聞誌を敷いて、グリスガンにグリスを入れて。。。
グリスUPポイントからグリスを注入すると各部の隙間から古いグリスが出てきます。出てくる古いグリスは色がやや違っていますのでその古いグリスが出きるまで新しいグリスを入れます。
グリスを入れるとなんともおぞましい光景となります。
あそこから。。(トーションバー部)
ここからも
でろでろべちょろ~ん
そしてこっちからも(アクスルビーム部)
こっちも
むにょむにょでろびろ~んぶしゅべろ~ん
うわ、キモイ、まるでなにか未知の生命体が生まれようとしている瞬間みたです。。。っぅぅ。
あ、ちなみに灰色ですが、これは使っているグリスがモリブデングリスなので元からこの色です。。
と、なにかすんなりやってそうですがグリスアップは疲れる。とっても疲れる。キコキコキコキコグリスガンをポンピングするのはとても手が疲れる。う~ん、どーもニップル部とグリスガンが密着せず、その隙間から新しいグリスが出てきてしまうので押し付けながらやらないとほとんどグリスが入らない!やもするとグリスが全然入らず、まるでごはん食べてるときの赤ちゃんの口のまわりみたいに周辺がべちょべちょ~ん。
特に上のトーションバー部はとてもやりずらく半ば途中であきらめ気味に。。。。。
今まで何度かグリスアップをしたがいつも写真はない。なぜないかと言うといっつも軍手がグリスでべちょべちょになってしまうので
写真を撮れなかったのだ、ここまで撮れるようになったのは少しはマシになってきたのかも。。。最後まで軍手を汚さずスマートにグリスアップができるようになってみたいものだ。
(なぜかべちょべちょ。。そう、こーゆー作業って特に苦手かも。。汚す=ヘタクソな証拠だな。。。)
そんなヘタクソの証拠写真がこれ↓
つわもの達が夢のあと??
なにかとってもすごいプレイをした後のような光景です。
ちなみに右が古いグリス、左が新しいグリスです(新しいグリスがなんでこんなにテンコ盛り?ってところがね。。。)
〇〇〇ではありません。
グリスアップ終了後の写真です。
終了後アクスル部
べちょべちょになったウェスで拭いて。。。。
あー、それでもさっぱり。
(黄色いニップルカバーが付いていますが無くても平気。。。)
いつもグリスアップの後はべちょべちょになった軍手とウェスと新聞誌でゴミ箱がいっぱいに。。。
油といえば、最近は朝食のパンにオリーブオイルをつけて食べている。うん、美味しいな、好き嫌いあると思うけど小生は好きだな。なんとなくおしゃれっぽいがオリーブオイルは善玉コレステロール、サラサラ血になるとかが目的。。。(数百円程度の安いやつだけど容器がおしゃれっぽいとおいしいと勘違いできていい!)
オリーブオイル
で、ですね、なぜか毎日手にオイルがついてしまう。。。
今日こそはスマートに食べようとしてもなぜか付着。。もう、お子様です。
(そうそう、昔、ラジコンとかプラモの塗装をする前に、今日は汚さないぞ!と気負ってもいつの間にか容器が塗装だらけ、信じられん洋服の箇所にも付いてたりしたな~、基本、液体系苦手のようです。。。)
あ、ここ以外にもこのカルマンだけ?の教科書に載っていないグリスアップポイントがあったな。そこは後日に。。

カテゴリー: メンテナンス   パーマリンク

グリスアップで自分もアップアップ。。てか への8件のコメント

  1. Papabus より:

    グリスアップは簡単な作業の筈なのに、私も汚しまくりで苦手です。
    ニップルの隙き間からグニョも同じです。
    もうひとつ手があればスマートに出来そうですが…

  2. KAKAA より:

    Papabusさん、コメントありがとうございます。どーなんですかね~あれは、
    フレキシブルのノズルも使ってみたのですが漏れるくせして外すの大変で今はストレートのノズルで、仕方なく押し付けながらやるのですが。。。

  3. papabus より:

    私はまだフレキシブルのノズル使ってますが、確かに、曲がるので押し付けずらいですね。
    ストレートの方がいいのかもしれませんね。

  4. kimichan より:

    グリスの劣化って目で見てわかるんですね。農業の研修をしていた時、毎週土曜日、トラクターにグリスを打っていたのを思い出しました。

  5. KAKAA より:

    Papabusさん
    ストレートのノズルですが、大きいとフェンダーというか、ノーズのボディが邪魔でトーションバーの部分に当たってしまうのが難点ですぅ~カルマンの場合?(ですので小生は小さいタイプのグリスガン使ってます、でも小さいとグリスがすぐなくなちゃって。。。う~ん。。。

  6. KAKAA より:

    kimichanさん
    おーっkimichanさんらしいコメントですね~今でも実施中?

  7. UNI より:

    初コメになります(^_^;)
    だいぶ古い記事ですが参考にさせていただきました!ありがとうございました!

  8. KAKAA より:

    UNIさん
    はじめまして!どうぞどうぞ、コメントも久々なのでうれしいです!
    UNIさんはビートルですね!
    モリブデン系のグリスは、お世話になったお店で使っていたので同じものを使っています。小まめにグリスアップしていればどんなグリスでも関係ないけど、モリブデンのグリスだと固着することがないのでニップルが詰まらなくていいんだよ。というのが以前聞いた店主の話です。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">