お漏らししてタレタレ

ふと駐車場のアスファルトをみると。
だれ?お漏らししたの
あ、なんか新しい。。しかも別の場所はさらにひどく黄色い液体の跡が。。。だれだこんなところで。。。
うん、最近ちょっとお漏らし度合いがひどくなってきたようです。
どれどれ、下から覗いちゃおう~。
ここからもれ漏れ
あ~グチョグチョです。いや、ビショビショ、いや、え~、この場合なんて表現すれば。。。べちょべちょか?ま、いいや。
ハイ、ロッカーカバーからオイルがタレてヒートエクスチェンジャーにかかってますね。こりゃ、パッキンが逝ってるんですかね?
て、ことでロッカーカバーを開けてみると。。。
パッキンキレキレ
あ、パッキン切れてる。。
あ、ここも切れてる。
キレキレ2
外した拍子に切れたのではありません、結局四箇所パッキンが切れてました。これではオイルが漏れてくるのも当然。。
う~ん、交換してから2年程度ですが、そんなに早くダメになるんですか?それともこれでももったほうなんですか?よくわかりませんがとにかくパッキン外して新品と交換してみましょう。
こんな感じで真っ二つならね、四分割されてましたので真っ四方というんでしょうか。。。
四分割パッキン?
この切れ方からするとなにか方向性のある力が作用しているのかな~? あ、そんなことより新品あったっけ?
やばいやばい、これで新品がなかったら大変だ!!復帰できないよ!
ここ?
あそこ?
あれ?ここかな?
あ、ここ、そこ、
いや、そこじゃなくてあそこ、
う~ん、あったあった、良かった~。
ありがとう、過去の自分。なんて。
こーゆー作業(パッキンがある箇所をばらす時)の前にはちゃんとパーツの確認してからね。。
まず、ロッカーカバーに歪みがないことを確認してからパッキンがあたる部分をキレイに拭いて新品パッキン装着!
オイルをちょっと塗って。。。(をしなかった)
新品パッキン装着
カバー装着!。
エンジンかけてみましょう。
しばらく、放置して様子をみると。。。。
新品交換直後ロッカーカバー
でへへ、やっぱり漏れてきました。
どこから漏れてくるのかわかりません。。
パッキンを装着するとき、オイルを塗らなかったからというレベルではありません。実は、このロッカーカバーからのオイル漏れ、ちょっといわくつきです。
購入まだ間もないころロッカーカバー外したら、パッキンがあたる部分のカバー側にシリコンシーラントが盛ってあってそれからパッキンが装着されてました。当然、シーラントをキレイに剥がしたのですが、以後、ちょっぴりオイル漏れはなおらず、今日に至っております。カバーを止めるスプリングがゆるくなっているだろうからと、ちょっぴり曲げて強化したつもりですが、ここからのオイル漏れがまったくなくなったことは以後ありませんでした。
(購入時、特に問題なかったのですがパッキン交換をしたくてやったらこの始末です。触らぬ神に祟りなし?)
ということで素人がなせるやっつけです。
スプリングがあたるカバーの溝部分にアルミの細い板挟み込んで込んで、この状態でカバーを留めます。
アルミ挟んで
イケマセンね、こんなことじゃ、スプリング外れやすくなるし、
アルミの板がずれたり、外れたりしたらオイル漏れタラタラです。
と、思いつつもこのまま。。。(そーやって2年もごまかしている)
その後。。
まだ、ちょっと弱い感じですが、この状態でしばらく使っているとパッキンがやや膨潤するのか、いつもだとタレるほどの漏れはなくるのですが。。。
反対側のパッキンも切れてるかもしれません。
でも、滲み程度でタレるようなオイル漏れはありません。
もーいいです、余計なことはしない方がいいな。。。。
そうそう、今日はもう一件メンテ?しましたがそれはまた後日に。。

カテゴリー: メンテナンス   パーマリンク

お漏らししてタレタレ への4件のコメント

  1. k-ghia より:

    すごいお漏らしですね~
    ウチの子も今かなり漏らしちゃうんです…
    ところで、この状態で高速走行してもエンジンルーム内にオイルが入ってきたりしませんか?
    うちの子はエンジンルームまで汚しちゃうんで困ったものです。
    機会があればぜひ確認してみて下さい!

  2. KAKAA より:

    今度、高速乗ったら確認してみますね!

  3. zenmai より:

    こんにちは!
    またまたお邪魔します。
    相変わらずがんばってますね(笑)
    かなり重症な 漏れですね。
    油圧がかかるところでは ないですけれど、タペットカバー内は 高回転時には オイルで満タンになるところなので ガスケットが痛んでいると すごい事になっちゃいます。
    で、拝見して感じた事なのですが、パッキンを変えても 漏れてしまう事と古いパッキンが切れているところをみると・・・原因はパッキンでは無く カバーの歪みではないでしょうか?
    基本 パッキンは 挟まっているだけなのですが、高回転後にカバー内がオイルで一杯になった後 オイルがケースに戻る時に カバー内が負圧になってパッキンの吸い込みが起こります。
    それで パッキンが揉まれ切れてしまったのではないかなぁ。
    で、パッキンが挟まっているだけなので カバーの歪み等で きついところと緩いところが出来て ゆるいところが吸い込まれ そこから漏れが酷くなっているのではないでしょうか。
    お勧めは カバーの交換ですが、交換がすぐに出来ないのであれば パッキンにシール剤を塗ってから組んだ方がいいですよ。
    新しいパッキンがすぐダメになっちゃいますから・・
    がんばって やってみて下さい(笑)

  4. KAKAA より:

    zenmai さん、コメントありごとうございます。う~んやっぱりカバーダメなのかな~、平らなところに置いて歪みをみた限りでは問題なさそうだったので大丈夫かな~なんて思ってましたけど、考えてみたら平な場所に置いたときはパッキンが実際にあたる部分ではなくカバーの末端の平行に問題がなさそうってだけですからね~

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">