ナチュラル可変ワイパー

時折ワイパーが早くなったり遅くなったり。。
動いているからいいやとそのまんま放置。。
先週あたりから断然動きが遅い!間欠ワイパーではなく間遅ワイパーとなりました。目の前をワイパーが芋虫のごとくのんびりのんびりと這うように左右に動きます。見てておかしい、一人で笑いながら車を運転する変質者状態。。
と・こ・ろ・が。。昨日のにわか雨時ワイパーはとうとう動かなくなってしまいました。。雨の中ワイパー動かんのコワかった。。。
でま、症状からして間違いなくここだろうと。。↓
ボルテージレギュレーター
’63年式カルマンは元々6V、そいつを12Vにしてるものですからワイパーの配線の間にこいつを挟んでワイパーの動き適度にしているものです。いろんなトラブルの原因となっていてこいつの使用自体あまり良いものではなさそうです。。
でもま、とりあえず接点を見てみましょう。
接点
ほれ、やっぱり黒く焦げたみたいになってます。
接点をちょっと磨いて再装着したらワイパーはきちんと動くようになりました。
気ままに動きが変わってしまうワイパーもキライではなかったのですがとりあえず様子をみましょう。
あ、これみて思い出した。初期のころ(多分20年以上前)タミヤのラジコンカー(確かカウンタックだったかな?)はこんな巻き線式の抵抗があってその接点をサーボで可動させてスピードを調整していたな~、抵抗かますタイプだったんでニッカドがすぐアガちゃって。。
しばらくしたらパルスタイプのコントローラーになってました。
車用にそーゆーのはあるのかな~。
(ちなみにそのラジコンカウンタック小生のではありません。友達のでした。高くて買えないから小生は手作りヘンテコ飛行機ばかりを。。。)

カテゴリー: 修理?   パーマリンク

ナチュラル可変ワイパー への4件のコメント

  1. show より:

    そうは言っても巻き線式の抵抗は無段変速器でしたからわざわざこれにしましたよ。
    それ以前のは固定抵抗器を使った二段変速でしたからね。
    この巻き線式抵抗熱くなるんですよね。

  2. 赤の’57 より:

    そのタミヤのラジコン、持ってます。
    モンスタービートルというヤツです。
    抵抗が熱くなるので、なるべく全開で走らせないといけない、暴走ラジコンでした。
    まだ持っているので、こんど、ブログで紹介しますね。
    ニッカド、充電8時間、稼動10分でした…。

  3. KAKAA より:

    showさん
    それはさらにその前のことですね?う~んそういえばそーゆーのがあったような。。
    そのとおりでカルマンのこれも結構熱くなってます。

  4. KAKAA より:

    赤の’57さん
    持ってたのですね。そいつは羨ましい~。当時欲しくても買える金額ではなかったデス。
    ニッカド電池自体も高くて、買えない人は乾電池で走らせるんですよね~、でも乾電池では遅くて遅くてショボイったらありゃしない、930ターボもあったような気がしますが乾電池だとスーパーカーが台無し。。
    あ、思い出した。たしかスポンジタイヤが出たばっかで友達の持っていたそれはスポンジタイヤとゴムがサンドイッチされたやつでちょっと自慢してたな~。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">