そいつの中身は真っ黒

これ、スタータースイッチをボンネット開けて裏から見たところです。買ったすぐ後からスターターONしてもなんも反応しないことしばしば。。。プロフェッショナルに訊ねてみると、年式が古いやつは配線が劣化して抵抗が増すのでよくあること、対策としてはリレーを中継するように配線をひき直すとのこと。確かにそれは間違ってなく事例は結構あるらしい。。でも、なんかヘンな感じなんで思いきってスイッチを外して中を見てみようと。。(実はキースイッチのピンが取れず完全にバラせなかった。)
スイッチを外してガチャガチャやってるとなにやら黒いカスが中からポロポロ出てきた。。でるわですわで一生分の耳あかくらい出たかな?(適当な表現ですけど)どうやら接点部に炭化した”なにか”が固着していたらしい。アカを十分出し切ったかな?ってあたりで再装着したスタータースイッチは今までの不快感がウソのように一発点火!今んところ順調です。よくみてわかったんだけどこれって直結なんですね~、ヒューズとかそうゆう安全装備はスイッチ、スターターモーター&バッテリーの間にはありません。こーゆーとこが古い車の証かぁ。。コワいっす。
ki--

カテゴリー: 修理?   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">