それ、ワニですか?

ワニの訳ないじゃないか。                                           手触りは、ラムだね。型押ししたんだって。                                うん、柔らかくて手になじむし、匂いもいいな。                                 これおいくらかしらん?                                           ”1800円です”                                             ちょっと悩んでいたらおねーさんが”買っちゃいな~”って・                         そういわれたらもう、財布を探している自分がいた。意志が弱い。。いえ、いいと思ったんですこれ。

と、とある場所で買ったのがこの文庫本のカバー・

若干大き目だけど、うん、いいよこれ。                                 このブックカバーの革の感触を味わいながら、ソーローの森の生活を読んでいる。               ウイスキーを片手にね。

趣味はなんですか?と聞かれると”読書”と答える。 聞いた人は何を期待したのかとてもつまらなそうにする、 へェ~、どんな本を読んで入るの?って話を続けて欲しいのだけれど、ゴルフとか、パチンコとか、釣り、うんぬん、自分と共通した何かを期待したのか、その後の話は続かない。。。。                           と、いうことで欲求不満になりそうなのでここに記録。

本を読むようになったのは、極最近、6,7年だろうか。                         誰かが、家に本がない人は教養の足らない人だとか、そんなようなことを言っていたのがどうも気になっていらい、頑張っている。。 頑張っているとは、何事かというと、そう、私は教養がないのです。そう、本を読むのが嫌いだから、つまらないから。       だって、すぐ眠くなってしまうんだもの。。。と、そんなこんなですが空っぽの本棚にやっと200~300冊程度の本が並んだ。 全部文庫本です。             文庫本はいいな、かさばらないし、小さな字をシニアグラスで読んでいるそんな自分がカッコいい?、 電子ブックなんて素気のないものは使わない。私は、茶色く焼けた古本が好きです。あ、シニアグラスと言えば、私は、今、四つほど並行して使用している。    ひとつは、本気で読書用、これはフリップアップ式の4万円ほどのもの、         二つ目は、就寝間際用の軽いプラスチック製の100均用品。                     三つ目は、お出かけ用の折り畳み式1000円。            そして、                      四つ目は、会社のユニホームに忍ばせてる使うこれまた折り畳み式のもの2000円。                      本の方も並行していて読んでいる。それは、ひとつ本を読むと飽きてしまうのでその対策のため、 本気用夜タイプ、本気用昼タイプ、就寝用、お出かけ携帯用、がそれぞれ。     すこーしだけ読んで、寝て、また読んで、飽きて、やめて、また読んで、と そんなことを繰り返している。 読書の秋とよく言ったものだ。確かにこの季節、無性に本が読みたい。うん、読みたいというよりも読むほどの余裕を持ちたい、心にね。         でも、、最近、本を読むことに疑問を感じている。。。 だって、そんな風に読んでいるからかしら、本の内容がちっとも頭に残っていない。これじゃただの時間つぶしに過ぎないな。モッタイナイ。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

白髪って素敵!

子供の頃、親父の白髪をよく抜いたっけ。。                             白髪を抜くくらいだから、その時の親父は、今の自分よりわかかっただろうな。。

日本では?白髪を隠したがる風潮があるが、なんてもったいないことだろう。             年齢を重ねた故に、或いは苦労を重ねた故にできた白髪。それはその人のステータスな筈ではないかと私は思っている。                            昨日、近藤サトさんをテレビでお見かけしたが、あるときからすっぱり毛染めをやめた彼女はとっても素敵だった。美しいと思った。                       私自身も白髪を染めたことはない、染めたいと思ったこともない。なにより今の技術では白髪を染めるとなんともヘンテコな色合いになって申しわけないが見ていると痛々しくさえ思えてしまう。。。                               もっと、技術が発展して自然な色合いが醸し出せるようになったら否定しないのかもしれないが、ハイ、染めました。みたいのはできるなら避けたいとは思う。           て、いうか染めるのは地肌に悪そうでそっちの方が心配だからかな(笑)

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

秋になると

人間の発情期は、ある説によるとこの秋らしい。                            うん、なんかわからんでもない。 昔はクリスマスに向けてせっせと彼氏、彼女作りに励む輩(私も?)いたようだし、寒くなる冬に向けてなんかしっぽりなりたくなるものわかる。 そういった対人的なことはさておき、秋になると、なんかおしゃれしたくなる。         鳥たちは、その時期を迎えると自慢の羽を彼女に見せつけ、必死となる。それと同じなのかどうかわからないけど、秋は”欲”の季節。  食欲、おしゃれ、どれも個人の欲が如実に表れる。                                    そんなこんなかわからないけれど、秋はおしゃれがしたくなる。                こんな感じな服が☆いな。

うん、秋だな。 おしゃれってなんだろう?                            今更、異性には見向きもされないし、、友達は気にもしないだろう、街を歩いていても私のことを見ているひとなんていないだろう。 でも、いいんだ、 たとえ誰にも見られなくても、何をするでもないでも、オシャレをしたというその瞬間がとっても嬉しい。                     今だもって、成人式のときに着たスーツを着ているオジサンでいることは珍しいみたいだけど、それは、オシャレのため。なのかも知れない。。。。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

危うく騙されるところだった。

私は、若者には特に、真摯に接したいと思っている。                               実際は、どう思われているのか知れないけれども。。、私自身が、若いころ、オジサンにやさしくしてもらった記憶がないのでその反動がきているのだと思う。 私自身、見た目より相当若く見られることが多かったので、若そうだとか、そういう見た目でぞんざいな対応をするオジサンはとても嫌いだった。                            私は20代の頃、ポルシェ914が欲しかった。買う一歩手前までいっていた。今も前橋にあるW社に、会社の知り合いのSさんが私が914が欲しいという話を聞いて、どこからかひっぱってきてくれたのだ。車検なしで160万円だった。(あれ?この話前もしたかな?ま、いいや) 店長とも話した、Sさんが試乗もさせてくれた。           ”男は左ハンドルの車もさらっと乗りこなすことがなければならない”、などど購買意欲をさそう言葉も言っていたっけ。(その言葉は今もいただいてますけどね)            でも、その車両は、どこかで見たことがある個体だった。 おぼろげな記憶を頼りに外車中古車雑誌をみると、同じ車が足利のある店舗に掲載されていた。128万円だった。                   その話を先輩にすると、Sさんはそういう人だ、絶対ピンハネしているからやめた方がいいと、U先輩から助言をいただいた。                        w社でも、購入後の面倒が現状販売ということで保障はないし、車検費用も別、運送費を含めても160万円はやっぱりおかしい。せっかく足利から持ってきてくれた車両だったけど、Wの社長に足利にあった奴ですよね?と問いかけると、知ってるのか?と言葉を発してその後は、とりとめもない話をしてから、丁重にお断りした。             すんごく、欲しく、欲しくて堪らない914だったのに、その一件から急に購買意欲がなくなってしまった。 あれから30年。 旧FIAT500を友達伝いに買おうとしたら、なにかあの時と同じような感じを醸し出すことがあったので、これまた購買意欲がなくなってしまった。 いや、普通ですよ、それ、私が甘かっただけ。                                 旧車の価格はあってないようなもの、売ろうとしている人が普通な人なだけで、騙すとかちょっと言い過すぎで、考えてみれば私に何か売ったところでなんの見返りもないだろうから安くしてくれる理由など、ありはしないのだった。

カテゴリー: 未分類 | 2件のコメント

還暦近いあなたへ

学生の頃、一つ上の先輩が当時でも古いギャランGTOを中古で購入した。                 多分、当時、2、30万円とかそんなところだと思う。白いスポーティなスタイルは、マツダRX-3とちょっと似ていて、トヨタのセリカLB、ダルマとともに男子のハートをつかむカッコイイ車の代名詞のひとつみたいな車。                     そのGTOは、ブレーキを踏むと助手席側のダッシュボードに仕掛けたトラックなどの外装に使うムラサキ色のランプが光る仕組みになっている。 そう、ブレーキを踏むたびに助手席の足元が紫色に光るのだ。 な、なんとも下品な仕様だろうか。。今も昔も紫色の妖艶な光は、なにか魅惑的な雰囲気を醸し出す。。。昭和の○○ホテルなんてそのような光に包まれいる場合が多かった。                                 紫色は欲求不満の表れということを聞いたことがあるが、紫色は、淡谷のり子と当時の若者にも気があった。                                   ケンメリやハコスカは、私が高校生時分には、ボロくて安い車の代名詞。やはり2、30万円で中古車市場では腐るほど出回っていた。 あなた、あなたが乗ったあの車達は、私の世代では紫色に全塗装され、下品きまわりないえげつない車として街中をポンポン跳ねながら走っていたのでした。                            思えば、あの頃、今や貴重な車がゴミのように扱われていたのを今の時代では、はかり知ることもなかろう。。。。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ルノー4考察③ キャトルは乗るもの、見るものではない。

もちろん、好きな人は見ててもいいけど、写真だけじゃわからないよ。だって外見はなんとも男心をくすぐらないものばかり。。でも、実物を見てみて、乗ってみて、そんな心をくすぐらない第一印象なんてくだらないものだと思ってしまうから。。

カルマンは外観が好きだった。今でも好きだ、特に斜め後ろから見たラインがとってもセクシーでなんともなんとも堪らない。けど、キャトルを外観からみただけではそんなことは思わない。(ごめんなさい!)

しか~し、実物を見ると違うのだ。

今、流通しているキャトルの内装は、ほとんどこれ。                       この色合い、アンティーク好きな方からは敬遠されがちなトーン。私もそうだ。         なに?この色合い、もっと渋い茶色系とか”革”感をほうふつさせるものが欲しいと多くの人が思うだろう。ところが。。。                          新車のときはわからない、でも30年もの間でこの青は写真ではわからない渋みのようなものが実際にはある。 そう、新車じゃダメなの、ピカピカじゃダメなの。30年熟成しているから実物は素直に受け入れることができる。                    このシート、破れている車両があるみたいだけど、よ~くみるとただのビニールではなく繊維が違う、ツルツルではない触るとザラザラなのだ。これはまさにキャンバスね。繊維が表面までしっかりしている。あまりのびない素材だ。それゆえ30年たってもヘタっていない車両が多いのはこのためだろうか?(ひどいものある見たいね。そう、車のためにもダイエットしようね!)

そしてこのインパネ類。 旧車っぽくない。 外観馬車なのに、パネルがなんか中途半端な未来的。。これも男心をくすぐらない要因のひとつかも。アーリーカルマンのように鉄板剥き出しだったらいいのに。。。ハンドルも細くて大きいのがいいわ。。。でもね、時代背景からして正しい位置づけね。車の基本設計はもっと古いとしても、この個体は80年代、90年初頭の駆け抜けた車なのだ、今は、これが旧車としてあるべきスタイルなのかも知れない。20代、30代の方たちに受けれて欲しい昭和後半のあるべき姿です。

そして特徴的な、このシフト。 キャトルやサンク、2CVなどにある独特なこの操作感、これは使いやすいというよりもとても楽しい他では味わえない楽しいシフト操作です。

そして関心なのがこのキャンバストップ、キャンバスと言ってもこっちは表面がビニール的、なのでザラザラしてない。アーマーオールを塗っておくとツルっツル、水をはじくの。そのためか全面に染みのようなものはまたく見当たらん。 そしてなぜか破れも、ヒビもない。30年経過したビニール系素材がこのクオリティーであることはなんとスゴイことか。そして隙間風も一切ない。雨の日は乗っていないからわからないけど、他の方の様子をみても良好のようだ。なんてしっかりした作りなのだろう。。やっぱり馬車とか、そういう歴史がないとこれは作れないだろうと勝手に推測した次第である・。

そして最後に、以前も書いたように、静かでまっすぐ気持ちよく走ること。         これは何より好ましい。ハイオクだけど燃費もいい(下道で15km/l)                                           昨今、日本のS社、T社の2000年代車両を乗ったけど、少なくともS社の車よりちゃんとまっすぐ走る。細かない修正がいらない、だから疲れにくい。パワステなんかもちろんないからハンドルフィーリングは重いけれど、カルマンのようなRR車を乗っていたからという私の錯覚とは違うと思う。ただ重いのではない何かがあるようだ。(重いと言ってもあるハンドル角度からは軽くなる。きればきるほどに。。。そう、小路などで角度を要する場合をちゃんと考慮してあるかのように。。。)

まっすぐ気持ちよく走ること。これはフロントのサスもそうだけどもしかしたら後輪の上下に長い柔らかいサスストロークがフロントヘビーの状態でも後輪の役目をしっかり果たし、うまくカバーしている関係ではないかと勝手に推測するのであった・・

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ルノー4考察② 乗ってみなきゃわからんかったこと 自動ドアじゃん??

キャトルがキャトルであるゆえん、それはフランス車であること。後半はいくつもの国で作られていたようだけど、基本、フランス車である。                   むか~し聞いた話ではフランスは石畳みの道路が多いのでボコボコな路面が多く、それに対応したサスペンションの合わせ込みになっているとか?、 うん、2CVとかまさにそうなのかな~、で、キャトルもそんな感じを思わせた。                 フロントサス機構は、ダブルウイッシュボーンなのね。それでもってフロントのサスはスプリングではなく、運転席下にまで縦にとても長~いトーションバーが設置してあるというとても独特な機構、うん、なかなか心をくすぐるギミックなのだね。後輪のサスの件は色んなところで掲載されているので省きますが、 ま、なんて言うのか、ここだけは譲らないという拘り、頑固さがきちんとあるところがとても好ましい。

細いタイヤもいいね。時代を先取りですよ

実際に乗ってみてもそうだった。 昨今の峠道などはわざとボコボコにしてライダーが走りにくくしている道があるけれど、そういった細かな凹凸はポコポコとこぎみよい音を立ててタイヤが上下に頑張ってくれていてタイヤのムチムチしたゴムの音が聞こえてくるくらいだった。わざと、ボコボコした道を通りたくなるようなそんな、衝動に駆られてしまう。。

そしてあれ?と思ったのがドアね。このことはあまり世間では書かれていないけど?

このドアね、少し斜めに設置してあるの。。蝶番が、というのではなくボディーが下部から上部に渡って少し細くシェイプしてあるのでドアを開けるときは軽いハズなのにやや重みを感じ、そして車から降りた後はただ手を放すだけでドアは勝手に閉まってくれるのだ。これは意図して作ったのだろうか?なかなか独特な機構だと思った。        つまりキャトルのドアはだらしなく開けっ放しにできないのだ。           これを知らない人がキャトルに同乗して降りるとき、無用にドアを力で閉めようとするから必要以上にバタン!!と大きな恥ずかしい音を立ててしまう。           キャトルから降りたらドアには力を入れず、そっと手を放せばいいだけなのだ。なんて大人な機構なのだろうか? 半ドアになることもなく、きちっと閉まってくれるもエライ。

一方で、車内を掃除しようとか思うときは、つっかえ棒をしないとドアは開けっ放しにならないのでちょいと面倒だと思うけれども。。。

ほら、ボデイーの下部より上部の方が細いでしょ、これ、車として普通だけど、ドアをその角度で設置してあるようで、だからドアの重みで勝手に閉まるのヨ。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ルノー4考察① どうしてなの?

ルノーキャトルとかカトルとかカトレールとか色々こだわりの呼び方があるみたいだけど、ここではキャトルとしておこう。

さて、このキャトル、正直言ってカッコは良くない。ブサイクです。(ごめんなさい!個人的な感想です)一時期テレビドラマで主人公が乗っていて人気が出たというが、そのことは私は知らない。 スズキのラパンが似ているというこで、まるっきりそっくりなフェイスにモデファイされた軽自動車も登場するくらい。カワイイ?という表現をする女子がいたようだが?今はどうだろうか・・。私は、キャトル自体は、そういう路線にものらない独特な外見と思う、私のイメージでは車というより馬車に近い外観だ。また、今のブログ等で紹介されているものはほとんどが故障がつきものというものばかり、カッコも良くない、故障も多そうときたら、そりゃ、遠慮してしまうだろう。しかし、しかしだ、キャトルは、世界中で相当な量が作られている。wikiによるとT型フォード、VWワーゲンビートルに次ぐ世界3位の(同一車両としては)生産量らしい。そんなに沢山作られて、いくらルノーと言えども小さなところでは改善を繰り返してきたハズで完成度は熟成してきていたと思うのだが??  おそらく、日本車が優秀すぎてそれと比べてしまうと日本では故障が多いとなってしまうのかな?                           あとは、普通すぎる故、その特徴がただ、単に外見だけのイメージでちょっと気持ちがUPしないのかも。

さて、今はこれくらいで次は実際乗ってみたときに感じたことを追加しておこう。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

ミュージックカセットテープ

2年前くらいからカセットテープが若者の間でカッコイイ?と言われているらしい。            CD、MP3、などの音楽媒体しか知らない世代にはとても新鮮らしい。                  最近では、わざわざ音源をカセットテープで起こすミュージシャンもいるみたい。

う~ん、そうなのかね。                                    でも、私の世代にはちょっと違う。そう、リアルタイムだったから。。                 ラジオのトーク番組の合間に流れる曲に耳を凝らし、ここぞとばかりカセットデッキの録音ボタンをONにする、そして曲が終わりそうになるとうまいタイミングでフェードアウトする、やもすると、突然トークに切り替わり声が入ってしまい、思わず ”あっ”と息が漏れてしまうときもあった。 はたまた、友達がレコードを買ったならば、当たり前のようにダビング(コピーとかいう言葉は使わなかった!)をお願いする。 レコードがなければ友達の友達が録音したテープをさらに録音して、しまいには雑な音源の宝庫と化す。 それでも、それでも、お気に入りの音楽を手に入れたならば何度も何度も聞き繰り返す. そう、それで楽しかったのだ。                           そんなカセットテープ事情の中で燦然と輝くとっても贅沢なカセットがあった。     そうです、ミュージックテープです。レコードからの録音でもない、ダビングでもない、正真正銘の音楽テープ。 もし、お金があればレコードを買ってそれからテープにダビングするのが通例。 音源がはじめから録音されたミュージックテープを買うのはなんらかの事情をもった気稀なユーザーしかいない。 そう、それ自体が珍しいことなのだ。

そんななか、私も唯一、ミュージックカセットテープをおこずかいをはたいて買った記憶がある、そう、我が家にはレコードプレーヤーがなかったのだ、今となっては何を買ったのかすら覚えていないが青いラベルが貼ってあった、白いカセットテープの記憶だけが雄今もなお記憶に残っているばかり。。。

たまたまカセットデッキを入手することができたことから、中古のカセットテープ探しをすることになった。 探してみると近所にも中古レコードショップがあってそのオシャレな店内の片隅にカセットテープもちゃんと陳列されてあった。               その中で一番やすい、ボサノバのテープを800円で購入。さっそく聞いてみた。    お、お、お~、なんか懐かしい、懐かしいとともにあの頃の記憶がよみがえる!そしてなぜか元気が出てくる!30年前にタイムスリップしたみたいだ!            さっそく、県内の昔ながらのレコードショップにミュージックカセットを探しにいくと、な、なんと、カセットテープはもうない!そう、すでに人気が出てていてとっととオークションサイトなどで売り飛ばしてしまっているそうな。。。おーノー!        ど、どうしても欲しい。。。。と、そんなこんなで2ヶ月くらいの間でこれらのミュージックテープを入手してしまった。(おこずかいマイナス!)

 

 

今なら、これらを見ながら酒が飲める!

一番のお気に入りがこれ、そう、BIG WAVE!                                当時なんどもなんども聞いた。兄から借りたプレリュード(2台目)で伊豆の海岸沿いをスモークのサンルーフから光を浴びながら走るなんとも心地良いクリアな気持ちは今でも忘れない。

お次はこれかな、荒井由美ね。中央フリーウェイは定番中の定番でしょ。

あと、こちらはU・S・A盤 LIKE A VIRGIN! これ、兄貴がレコード買ったので録音させてもらったっけ、この時まだ、友達はマドンナの存在を知らなかったくらいだ。

最後にこれ、極めつけ

♪は~ら~だ、た× 真二 です。                                        

キャンディは今、聞くとなんか響きます。

コロムビアレコード、ビクター、そして懐かしの東芝EMI!                        エイベックスなんて知らな~いのであった。

そこのあなた! 旧車なのにi-Phonなんかで音楽聞いてないか?そんなことしちゃダメだ。時代背景をあわせられないなら、車内で音楽を聴くなど邪道なのだ!       あ、すみません、言い過ぎましたね。それは個人の勝手ですものね。

そんな私もカルマンで携帯(スマホじゃない!)から音楽聞こうと四苦八苦したっけ。 今もあのスピーカーは組み込まれたままなのだろうか。。。。

あ、そうそう、8トラックのデッキが45年前の我が家にはあったが、その当時ですでにボロくさかった、今でも、テープやデッキをオークションサイトで見ることがあるがもはや脱帽でしかないな。

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

あの頃の記憶

家の近所にヘリポートがあった。その頃は、自分の背丈よりも高い葦のような草に覆われた場所で、この先に何があるのだろうと若干冒険気分でその草に囲まれた河川敷の砂利道を行くと突然開けた場所にアスファルトで整地されたヘリポートがあった。       そのヘリポートには決まってラジコンのヘリコプターで遊ぶオジサン達がいた。     時には飛行機もあり、Uコンもあり、実際のヘリコプターが離着陸する場所で勝手にそこに入って沢山の人たちが群れていた。(勝手かどうか知らないがその当時でもホントは立ち入り禁止だったと思う。ーたまには本物のヘリコプターも降りてきてパイロットのオジサンと話をしたこともあったナ。うん、のんきな時代だ。今なら問題になりそう。。。)

昨今ドローンなるものができて空中に止まる模型は珍しくはなくなったが、当時のラジコンヘリコプターは、まだジャイロもなくてそれはそれは大変そうだった。          飛行機のように飛ぶことは割と簡単だったみただけど、ホバリングができないと浮上したら最後、着陸することがままならないのだ。  なので皆、ホバリングの練習ばかりしていて見ている我々お子様達はツマラナイ思いでそれをみつめていた。          ある人は50cmも浮上したかと思うとバランスを失い、ローターを破損、ある人は浮き上がることすらなしでローターが地面に接触し、その破片が飛び散る!。今思えばなんて危険なことだったか。操縦ままならない大きなラジコンヘリが子供の近くであれよあれよといったりきたりしているし、オジサン達だって、ローターのブレを見るためにローターに目を凝らして保護メガネもかけずに調整をしていたのだから。。。

いつも同じオジサンたちがいるので顔は今でもなんとなく覚えている人もいる。     その中で黒縁のメガネかけた色の浅黒い人がホバリングからやや前進する姿勢で高さ1mくらいのところをやったの思いでプロポから手を放してもゆっくり進むことに成功した!そこにいた仲間のオジサン達に大きな声で見てみて!と叫んでいたのをふと思い出した。         その直後、着陸らしいものにも至らずバキバキっとなったようだったけど。。

小学生の私には皆、どの方も一様にオジサンだったけど、今、存命だったらそのかたはいったいおいくつになっているだろうか? 当時35歳くらいとして、44年前くらいだったら。。もうおじいちゃんは間違いない。 う~ん、その方たちに当時の思い出話でも聞かせてもらいたいな~。

それから数年してジャイロが開発されて少しは楽になったようにみえたけど、それでもかなり大変そうで、ラジコンのヘリコプターは大人の”子供”が楽しむ贅沢な趣味だったと思う。

当時だったらオジサン達は、何が主な趣味だったろうか?今と同じでゴルフとかかな?         大人の遊びとしてはレアな遊びではなかったかと今思う。

ヒロボー?とかいうオレンジ色の簡易なボディーをしたものが多く、あとはジェットレンジャーって言ったかな?ちゃんとしたボディーのヘリもあった。2ローターのヘリもあったな。 60か、45エンジンが主流だったのかな? 2サイクルのエンジンから紫色の煙を生きよい良くはきだし、ヒマシ油の焦げるにおいが今も懐かしい。。                 ヘリならニトロは15%あたりが主流だったかね? あ~、懐かしい。二酸化炭素を吐き出すふとどきさが素敵だったね。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ